後斜角筋(こうしゃかくきん)

midashi英語名称

scalenus posterior muscle (スカリナス・ポスティアリァ・マッスル)

midashi解説

後斜角筋は頚椎から第二肋骨につながる呼吸筋で第二肋骨を引き上げ、胸郭を広げ、息を吸うときに働く筋肉です。
第二肋骨が挙上することで胸式呼吸をスムーズに行うことができるのです。
しかし、後斜角筋は欠如している人も多いようです。
また、後斜角筋は前斜角筋中斜角筋と共に頸椎を屈曲、側屈させる作用を持ちます。

midashi起始

第5~第7頸椎の横突起の後結節

midashi停止

第2(または3)肋骨

midashi主な働き

 
頚椎の屈曲と側屈させる作用を持ちますが、その他に第二肋骨を引き上げる働きを持っています。
第二肋骨が挙上することで胸式呼吸をスムーズに行うことができます。

midashi神経支配

頸神経叢及び腕神経叢(C7~C8)

midashi日常生活動作

主に首を前や横に曲げるときに作用します。
また、胸郭を広げる作用を持つので吸息動作の補助をします。

midashiスポーツ動作

激しい運動を行うときなど呼吸動作を補助します。

midashi関連する疾患

斜角筋症候群、エルブ麻痺(上位型腕神経叢麻痺)、クルムプケ麻痺(下位型腕神経叢麻痺)など

関連記事

筋肉の基礎知識

全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の
佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。
ページ上部へ戻る