棘上筋の筋力チェック

P7170105

undo

midashi実施方法

①患者は患側上肢を15~20°外転し、わずかに屈曲させます。このとき肩関節は最大限に内旋(サムダウン)させます。
②術者は患側上肢の肩の上に手を置き、もう一方の手で患側の手関節に手を添えます。

p7170081-2
(写真1)ファーストポジション

③体幹に近づけるようにゆっくり圧を加えます。

p71701-2
(写真2)セカンドポジション
テストする棘上筋の反対側の肩を固定する方法もありますが、棘上筋の収縮を確認することが可能なため同側の肩を固定することをお勧めします。
このテストは三角筋が活性化するので(協同筋)腕を20°以上、上げないことが重要です。

midashi論考

この検査を左右両方で実施します。
弱いと感じた側の棘上筋が弱化している可能性があります。

midashi神経リンパ反射

  1. 肩関節の内側から肩前面下への線上、前部三角筋と大胸筋の間、前部三角筋の先端少し下のくぼみ
  2. 首近くの後頭部縁上、環椎の左右4cm

midashi臓器・腺

関連記事

筋肉の基礎知識

全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の
佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。
ページ上部へ戻る