腹直筋の筋力チェック

undo

midashi実施方法

①患者さんはベット上で膝関節、股関節を90°屈曲位とし、両手の平を胸の前で交差させます。
②術者は一方の手を患者さんの手の甲にあて、もう一方の手で両足首を押さえます。

p71701301-1
(写真1)ファーストポジション

③術者は患者さんの体幹が伸展するように手の平で圧迫を加えます。

p71701311-1
(写真2)セカンドポジション
正しく腹直筋の筋力テストを行うには骨盤を出来る限り後傾させて肋骨が骨盤から離れないようにする必要があります。
膝を伸展させたまま行うバリエーションもありますが、腰痛がある場合は股関節と膝関節を曲げてテストを行う必要があります。

midashi論考

術者の抵抗に逆らえず、ストンと背中がベットについた場合は腹直筋が弱いと判断できます。
腹直筋が弱いと腸骨のAS(前上方)変位の原因となり腰椎前弯の原因になります。

midashi神経リンパ反射

  1. 大腿遠位内側の約10cm
  2. L5とPSISの間

midashi臓器・腺

小腸

関連記事

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
2016年4月に独立し、現在はリアルビジネス、ネットビジネスなど、多方面に渡り活動しています。
ページ上部へ戻る