腹直筋(ふくちょくきん)

midashi英語名称

rectus abdominis muscle (レクタス・アブドミニス・マッスル)

midashi解説

腹直筋(ふくちょくきん)は腹部前面にある平たく長い筋で、白線の両側を縦走し腹直筋鞘に包まれています。
腹直筋は上は狭く下は広い多腹筋で、恥骨結合と恥骨陵から起始し、第5~7肋軟骨および剣状突起の前面に停止します。。
比較的やせていて腹筋が発達している人では明瞭に3~4個の腱が腹部の筋腹を4~5節に分けているのを確認することができます。
腹直筋は骨盤の傾斜角をコントロールする筋肉としても知られています。
腹直筋がバランスよく発達している人では骨盤は適度な前傾(骨盤が前に傾いている)が保たれているものですが、腹直筋が極度に弱いと骨盤の前傾が強くなりすぎて腰が反ったように見えます。
これを腰椎前湾症(ようついぜんわんしょう)といいます。
反対に腹直筋が過度に強すぎると骨盤が後傾するようになり、結果として腰部がまっすぐになります。
これをフラットバックといいます。
勿論、拮抗筋同士の兼ね合いもあるので必ずしも腹直筋が弱いから腰椎前湾症、腹直筋が強いからフラットバックになるというわけではありません。
腹直筋はこのように骨盤の傾斜角に大きく関わりのある筋肉ですが、本来の働きは主に体幹部の屈曲(前屈)をメインとし、側屈、回旋動作にも貢献します。
また、その他にも腹腔臓器を保護し、腹圧の維持と臓器の位置の固定、更に腹圧を増し、排便・分娩・嘔吐・咳などにも働きます。
腹直筋を鍛えるにはシット・アップレッグレイズクランチャーなど多くのエクササイズがあります。
シットアップ、レッグレイズなどは特に動きの後半あたりで股関節屈曲動作も伴ってくるので純粋な腹筋運動とは呼べません。
その点、クランチャーは腹直筋に対して直接働きかけますので、非常に安全で、効果的なエクササイズと言えるでしょう。
腹直筋は腰椎胸椎の両方を同時に伸展させることによってストレッチを行うことができます。
この状態でさらに股関節を伸展させると、骨盤の前傾が強調されるので腹直筋はよりストレッチされることになります。
そういう意味ではバランスボールの上で仰向けに寝るストレッチは腹直筋をストレッチするには最適な方法と言えるでしょう。

midashi起始

恥骨稜と恥骨結合

midashi停止

剣状突起、第5~第7肋軟骨

midashi主な働き

taikan1 taikan3 taikan2
運動動作においては体幹部を前屈側屈回旋させる作用があります。

midashi神経支配

下部胸神経の枝

midashi日常生活動作

仰向けの状態から身体を起こしあげるときや姿勢保持などに関与します。

midashiスポーツ動作

ほとんど全てのスポーツ動作において使用されます。

midashi関連する疾患

脊髄損傷、頸髄症性不全四肢麻痺、慢性腰痛など

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

関連記事

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
2016年4月に独立し、現在はリアルビジネス、ネットビジネスなど、多方面に渡り活動しています。
ページ上部へ戻る