• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
長掌筋

長掌筋(ちょうしょうきん)

midashi英語名称

palmaris longus muscle (パルメィリス・ロンガス・マッスル)

midashi長掌筋の解説

長掌筋(ちょうしょうきん)は前腕部前面の中央部を走行する前腕屈筋群の一つです。
長掌筋は上腕骨の内側上顆から起始し、手掌腱膜に停止します。
解剖学的な位置の関係で橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)、尺側手根屈筋(しゃくそくしゅこんくっきん)がただ単に手首を屈曲するだけではなく、

手首を橈屈(とうくつ)、尺屈(しゃっくつ)に関与するのに対し、長掌筋は手首の中央を通過しているため主に手関節の掌屈(屈曲)させる働きに関与します。

またほんのわずかではありますが肘関節屈曲にも関与します。
その他に手掌腱膜を緊張させ、重い物を保持したときに手のひらの血管や神経を保護する役目も果たしています。
この筋肉が先天的に欠損する例は比較的多く、その欠損率は約4~13%と言われています。
長掌筋をはじめとする橈側手根屈筋尺側手根屈筋などの前腕屈筋群を鍛えるにはダンベルやバーベルを握って行う『リストカール( 手首の巻き込み) 』が最も有効なエクササイズと言えます。
長掌筋をストレッチするには手関節が背屈(伸展)、肘関節を伸展させることで最大限にストレッチさせることができます。

midashi起始

上腕骨の内側上顆(ないそくじょうか)

midashi停止

手掌腱膜(しゅしょうけんまく)

midashi長掌筋の主な働き

shukan2-150x150 hiji1
長掌筋は手関節において掌屈(屈曲)に大きく貢献します。
また、わずかですが肘関節屈曲動作にも関与します。

midashi長掌筋を支配する神経

正中(せいちゅう)神経(C7~T1)

midashi日常生活動作

主に手首を曲げる動作(掌屈)に関与します。また長掌筋は肘関節、手関節をまたがっている二関節筋でもあるので肘関節の屈曲動作にも僅かに貢献します。

midashiスポーツ動作

野球の投球動作やバレーボールのスパイクなどのスポーツに大きく貢献します。

midashi関連する疾患

長掌筋腱断裂(ちょうしょうきんけんだんれつ)、正中神経麻痺(せいちゅうしんけいまひ)、投球障害肘(とうきゅうしょうがいひじ)、屈筋腱損傷(くっきんけんそんしょう)、伸筋腱損傷(しんきんけんそんしょう)、陳旧性肘関節不安定症(ちんきゅうせいちゅうかんせつふあんていしょう)

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

その他の前腕部の筋肉

1.前腕屈筋群
円回内筋橈側手根屈筋尺側手根屈筋浅指屈筋長母指屈筋深指屈筋方形回内筋
2.前腕伸筋群
腕橈骨筋長橈側手根伸筋短橈側手根伸筋総指伸筋小指伸筋尺側手根伸筋回外筋長母指外転筋短母指伸筋長母指伸筋示指伸筋
3.手指部
短母指屈筋短母指外転筋短小指屈筋虫様筋母指内転筋小指外転筋母指対立筋小指対立筋掌側骨間筋背側骨間筋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る