腕橈骨筋(わんとうこつきん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
腕橈骨筋

腕橈骨筋(わんとうこつきん)

midashi英語名称

brachioradialis muscle (ブレイキオレイディアリス・マッスル)

midashi腕橈骨筋の解説

腕橈骨筋(わんとうこつきん)は前腕前面の外側(親指側)に位置する筋肉で、橈骨神経(とうこつしんけい)に支配される唯一の屈曲筋です。
腕橈骨筋は上腕骨の外側顆上稜(がいそくかじょうりょう)、外側筋間中隔(がいそくきんかんちゅうかく)から起始し、橈骨の茎状突起(けいじょうとっき)の橈骨面に停止します。

腕橈骨筋は他の前腕部の筋とは異なり、手首(手関節)の動きには関与せず、主に上腕二頭筋上腕筋の補佐役として肘関節屈曲動作に貢献します。

また、回外位から安静位までの前腕の回内及び回内位から安静位までの前腕の回外動作にも関与します。(前腕が回内位や回外位にあるときは、 屈筋としてよりもむしろ回外筋回内筋として働きます)
屈曲筋としての腕橈骨筋は、前腕が回内と回外の中間の位置(安静位)にあるときに最も有効に働くので、この筋肉を鍛えるためには『ハンマーカール』と呼ばれるエクササイズを行うと最も効率良く鍛えることができます。(運動中、終始、親指を立てた(ニュートラル)状態でダンベルカールを行う方法)
腕橈骨筋は肩関節屈曲位、前腕は最大回内位または最大回外位で、肘関節を最大伸展することによってストレッチすることができます。

midashi起始

上腕骨の外側顆上稜(がいそくかじょうりょう)、外側筋間中隔(がいそくきんかんちゅうかく)

midashi停止

橈骨の茎状突起(けいじょうとっき)の橈側面

midashi腕橈骨筋の主な働き

hiji1 
運動動作においては主に肘関節屈曲に関与し、回外位から安静位(0°)までの前腕の回内及び回内位から安静位(0°)までの前腕の回外にも貢献します。

midashi腕橈骨筋を支配する神経

橈骨(とうこつ)神経(C5~C6)

midashi日常生活動作

缶やビンの容器からコップに飲料を注ぐ、容器のフタを開ける動作などに主に関与します。

midashiスポーツ動作

ゴルフや野球のスイング動作やテニス、バドミントンのスマッシュ、アームレスリングで相手を引き付ける動作などに大きく貢献します。

midashi関連する疾患

橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)、筋皮神経麻痺(きんぴしんけいまひ)

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

プリチャーカール

プリチャーカール

上腕二頭筋のスタティックストレッチ

腕橈骨筋のスタティックストレッチ

その他の前腕部の筋肉

1.前腕屈筋群
円回内筋橈側手根屈筋長掌筋尺側手根屈筋浅指屈筋長母指屈筋深指屈筋方形回内筋
2.前腕伸筋群
長橈側手根伸筋短橈側手根伸筋総指伸筋小指伸筋尺側手根伸筋回外筋長母指外転筋短母指伸筋長母指伸筋示指伸筋
3.手指部
短母指屈筋短母指外転筋短小指屈筋虫様筋母指内転筋小指外転筋母指対立筋小指対立筋掌側骨間筋背側骨間筋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る