ローテーターカフとは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

ローテーターカフ(rotator cuff)

ローテーターカフとは棘上筋棘下筋小円筋肩甲下筋の総称した呼び名で回旋筋腱板とも言います。
ローテーターカフは肩関節の様々な動きを司るだけではなく、肩関節の安定性を高めるとても大切な筋肉群です。

英語名称

rotator cuff (ローテーターカフ)

ローテーターカフの解説

ローテーターカフとは棘上筋棘下筋小円筋肩甲下筋の総称した呼び名です。
ローテーターカフは肩甲骨に起始し、上腕骨に停止する筋肉なので、肩関節の様々な動きを司るだけではなく、肩関節の安定性を高めるというとても大切な役割を担った筋肉群です。
ローテーターカフは肩関節の内旋、外旋といった動きを司り、また、その薄い腱が上腕骨頭を覆うように停止しているため『回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)』と呼ばれることもあります。
ローテーターカフのうち、棘下筋以外の筋肉は深層部にあることからローテーターカフは肩のインナーマッスルと呼ばれることがあります。
肩関節は股関節とは異なり強い靭帯を持たないため可動域が広い代わりに安定性が低いという特徴を持っています。
棘上筋は関節窩(かんせつか)に上腕骨頭を動的に安定させている役割を果たしているため、この筋肉に問題が生じると肩峰下腔(けんぽうかくう)における腱炎やインピンジメント(棘上筋の腱の部分が骨と骨の間にはさまってしまう傷害のこと)などを引き起こしてしまうことがあります。
そのためしばしば四十肩、五十肩、回旋筋腱板損傷、脱臼、投球障害肩など、肩にまつわる傷害が発症しやすい場所でもあります。
これらの傷害を予防するために一般の方は勿論、スポーツ選手(特に野球のピッチャーなど)は特に強化しておく必要があります。
各筋肉の詳細につきましては下記からご確認ください。

  1. 棘下筋
  2. 棘上筋
  3. 小円筋
  4. 肩甲下筋

ローテーターカフの主な働き

kata4 kata3 kata2
運動動作においては肩関節内旋-外旋水平内転-水平外転外転させる作用があります。

日常生活動作

腕を外側に振る動作などに関与してます。

スポーツ動作

テニスのバックハンドの動作や、投球動作の終動時に腕にブレーキをかけることに貢献しています。

関連する疾患

肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)、投球障害肩(とうきゅうしょうがいかた)、腱板損傷(けんばんそんしょう)、腋窩神経麻庫(えきかしんけいまひ)

代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

その他の肩部・背部の筋肉

三角筋広背筋大円筋小円筋棘上筋棘下筋肩甲下筋僧帽筋(僧帽筋上部線維僧帽筋中部線維僧帽筋下部線維)・外内肋間筋前鋸筋肩甲挙筋菱形筋群(大菱形筋小菱形筋)】

関連記事

  1. 三角筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 広背筋

    広背筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 大円筋

    大円筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. 小円筋

    小円筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 棘上筋

    棘上筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 棘下筋

    棘下筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説




全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でスポーツトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

KindleBookになりました。