母指対立筋(ぼしたいりつきん)

midashi英語名称

opponens pollicis muscle (オポゥネンス・ポリシィス・マッスル)

midashi母指対立筋の解説

母指対立筋(ぼしたいりつきん)は同じ部分を走行する短母指屈筋よりも深層部にある筋肉です。
母指対立筋は表面は短母指屈筋・短母指外転筋に覆われ、そしてこれらの筋肉と共に、母指球の膨らみを形成する筋肉でもあります。

母指対立筋は大菱形骨結節、屈筋支帯から起始し、第1中手骨の橈側縁に停止します。
母指対立筋は文字通り、主に母指を小指の方に近づける動き(母指対立)に貢献し、物を掴む動作に大きく関与します。

midashi起始

大菱形骨結節、屈筋支帯

midashi停止

第1中手骨の橈側縁

midashi母指対立筋の主な働き

親指を手掌部に近づける作用を持ちます。

midashi母指対立筋を支配する神経

正中神経(C6~C7)

midashi日常生活動作

物を掴む動作などに大きく貢献します。

midashiスポーツ動作

ラケットやバット、物を握るなどのスポーツでは特に重要な役割を果たしています。

midashi関連する疾患

前骨間神経麻痺(正中神経高位麻痺)、手根管症候群 (正中神経低位麻痺)、母指内転拘縮、母指CM関節症など

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

joint

関節の役割と働き

joint

筋力チェック

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る