内肋間筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

内肋間筋

内肋間筋(internal intercostal muscle)

内肋間筋(ないろっかんきん)とは文字通り肋骨と肋骨の間を走行している筋肉です。
外肋間筋の裏側にある呼吸の一つで、筋線維の走行が外肋間筋とは反対です。

英語名称

internal intercostal muscle(インターナル・インターコスタル・マッスル)

内肋間筋の解説

内肋間筋(ないろっかんきん)は文字通り肋骨と肋骨の間を走行している筋肉です。
外肋間筋の裏側にある呼吸の一つで、筋線維の走行が外肋間筋とは反対です。
内肋間筋は第1~第11肋骨の内面の縁・肋軟骨から起始し、第2~第12肋骨(下位の肋骨の下縁)に停止します。
内肋間筋は主に胸郭を狭くする働きに貢献する筋肉なので息を吐く際に活躍します。
このように内肋間筋は胸式呼吸(きょうしきこきゅう)の際、ガス交換が上手く出来るようにするための筋肉です。

起始

第1~第11肋骨の内面の縁・肋軟骨

停止

第2~第12肋骨(下位の肋骨の下縁)

内肋間筋の主な働き

肋骨間を収縮させ、胸郭を下制させる働きがあります。

内肋間筋を支配する神経

肋間神経(T1~T11)

日常生活動作

胸郭を収縮させ、胸式呼吸を行う際に大きく貢献します。

その他の肩部・背部の筋肉

三角筋広背筋大円筋ローテーターカフ(小円筋棘上筋棘下筋肩甲下筋)・僧帽筋(僧帽筋上部線維僧帽筋中部線維僧帽筋下部線維)・前鋸筋肩甲挙筋菱形筋群(大菱形筋小菱形筋)】

関連記事

  1. 三角筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 広背筋

    広背筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 大円筋

    大円筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. ローテーターカフとは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 小円筋

    小円筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 棘上筋

    棘上筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説




全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でスポーツトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

KindleBookになりました。