小菱形筋(しょうりょうけいきん)

小菱形筋

小菱形筋(rhomboid minor muscle)

小菱形筋(しょうりょうけいきん)大菱形筋(だいりょうけいきん)の上を走行する筋肉です。
小菱形筋は大菱形筋と形状だけでなく働きもほぼ同じで、主に肩甲骨を互いに引き寄せる(肩甲骨の内転)作用を持ちます。
小菱形筋は更に肩甲骨を下方回旋させる作用があります。

英語名称

rhomboid minor muscle (ロンボイド・マイナー・マッスル)

小菱形筋の解説

小菱形筋(しょうりょうけいきん)は大菱形筋の上を走行する筋肉で僧帽筋に被われる薄い菱形の筋です。
小菱形筋は第6~7頚椎の棘突起(きょくとっき)もしくは第7頚椎、第1胸椎棘突起(きょうついきょくとっき)から起こり、肩甲骨内側縁上部1/3に着きます。
大菱形筋とともに主に肩甲骨を内転(引き寄せる働き)に作用し、小胸筋と協同し肩甲骨を下方回旋させる作用を持ちます。
また、小菱形筋は肩甲挙筋とともに肩甲骨の拳上にも関与します。
更に前鋸筋(ぜんきょきん)と共同して肩甲骨内側縁(けんこうこつないそくえん)を胸郭(きょうかく)に保持する役割を果たしてします。
小菱形筋、大菱形筋(以下、菱形筋群)の筋力が著しく弱化すると肩関節が内旋しするので、猫背のように背中が丸くなってしまいます。
菱形筋群は懸垂など腕を後方に引く動作で効率良く鍛えることができます。
菱形筋群をストレッチするためには肩甲骨を下制させたまま他動的に肩甲骨を外転させます。
また、上方回旋させながらストレッチしても効果的です。
胸郭出口症候群牽引(けんいん)型では、菱形筋群、僧帽筋中部線維による胸郭(きょうかく)への肩甲骨の固定作用が低下して肩甲骨が大きく外転している症例が多く、疼痛の発生に強く関係しています。

起始

頚椎C6~C7の棘突起(きょくとっき)もしくは頚椎C7~胸椎T1の棘突起

停止

肩甲骨の内側縁上部(ないそくえんじょうぶ)

小菱形筋の主な働き

kenkou3 kenkou2 kenkou1
運動動作においては肩甲骨を脊柱に向かって引き寄せ(内転)、わずかに下方回旋挙上させる作用があります。

小菱形筋を支配する神経

肩甲背神経(C4~C5)

日常生活動作

手前にあるものを手前に引き寄せる動作に主に関与します。

スポーツ動作

大菱形筋とともに弓を引いたり、ボートのオール漕いだり、肩甲骨を真ん中に寄せる動作などに大きく貢献します。

関連する疾患

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)、肩関節不安定症(かたかんせつふあんていしょう)、肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)

代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

ベントオーバーショルダーシュラッグ

ベントオーバーショルダーシュラッグ

背部のスタティックストレッチ

背部のスタティックストレッチ

check

その他の肩部・背部の筋肉

三角筋広背筋大円筋ローテーターカフ(小円筋棘上筋棘下筋肩甲下筋)・僧帽筋(僧帽筋上部線維僧帽筋中部線維僧帽筋下部線維)・外内肋間筋前鋸筋肩甲挙筋菱形筋群(大菱形筋)】

関連記事

  1. 三角筋(さんかくきん)

  2. 広背筋

    広背筋(こうはいきん)

  3. 大円筋

    大円筋(だいえんきん)

  4. ローテーターカフ(回旋筋腱板)

  5. 小円筋

    小円筋(しょうえんきん)

  6. 棘上筋

    棘上筋(きょくじょうきん)



全身の骨格筋

 

筋肉の基礎知識

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider