肩甲挙筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

肩甲挙筋

肩甲挙筋(levator scapulae muscle)

肩甲挙筋(けんこうきょきん)とは頚部の後部側面に位置する筋肉で深層部に存在する筋肉です。
肩甲挙筋は僧帽筋とともに作用し、主に肩甲骨を引き上げる働きに関与します。

英語名称

levator scapulae muscle (レヴェーター・スキャプュレイ・マッスル)

肩甲挙筋の解説

肩甲挙筋(けんこうきょきん)は後部側面に位置する深層筋で、頚部から肩甲骨にまたがり、後方で僧帽筋、側方で胸鎖乳頭筋に被われる筋肉です。
肩甲挙筋は頚椎C1~C4の横突起(おうとっき)の後結節(こうけっせつ)から起始し、肩甲骨の上角、内側縁上部1/3に停止します。
肩甲挙筋は文字通り、僧帽筋と共に主に肩甲骨の挙上に大きく貢献します。
小胸筋が働き肩甲骨が固定された場合では、左右両側の肩甲挙筋が同時に収縮すると頚部は伸展に働き、左右どちらか一方の肩甲挙筋が働けば頚部は側屈します。
また、小菱形筋とともに下方回旋にも関与することもあります。(この時下角が内側に回ります)
肩甲挙筋は僧帽筋(上部)とともに肩こりの原因となることが多い筋肉と知られています。
また、この筋肉の過剰な攣縮(れんしゅく)は肩甲骨を下方回旋、挙上位でロックし、二次的な肩関節の不安定性や腕神経叢症状(わんしんけいそうしょうじょう)を引き起こすことがあります。
肩甲挙筋はを鍛える場合はショルダーシュラッグ(肩をすくめるような動作)を行うことで鍛えることができます。
また、肩甲骨をリラックスさせる下制位を維持しながら、頭部をストレッチする側とは反対側に約 45°回旋させ、頭部を屈曲させることで最もよくストレッチされます。

起始

頚椎C1~C4の横突起(おうとっき)の後結節(こうけっせつ)

停止

肩甲骨の上角(じょうかく)、内側縁(ないそくえん)上部

肩甲挙筋の主な働き

kenkou1 kenkou1
運動動作においては肩甲帯挙上下方回旋に関与します。

肩甲挙筋を支配する神経

肩甲背(けんこうはい)神経(C2~C5)

日常生活動作

主に物を持つときなど、肩をすくめる動作に関与しています。

スポーツ動作

床からバーベルを引き上げる動作などに大きく貢献します。

関連する疾患

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん) 、肩関節不安定症(かたかんせつふあんていしょう)、肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)

代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

その他の肩部・背部の筋肉

三角筋広背筋大円筋ローテーターカフ(小円筋棘上筋棘下筋肩甲下筋)・僧帽筋(僧帽筋上部線維僧帽筋中部線維僧帽筋下部線維)・外内肋間筋前鋸筋菱形筋群(大菱形筋小菱形筋)】

関連記事

  1. 三角筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 広背筋

    広背筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 大円筋

    大円筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. ローテーターカフとは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 小円筋

    小円筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 棘上筋

    棘上筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説





全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider