​舌骨下筋群(ぜっこつかきんぐん)

​ 舌骨下筋群(ぜっこつかきんぐん)

midashi​英語名称

infrahyoid muscles(インフラハイヨッド・マッスルズ)

midashi​舌骨下筋群の解説

舌骨下筋群(ぜっこつかきんぐん)とは舌骨の下方を走行する①胸骨舌骨筋(きょうこつぜっこつきん)、②肩甲舌骨筋(けんこうぜっこつきん)、③甲状舌骨筋(こうじょうぜっこつきん)、④胸骨甲状筋(きょうこつこうじょうきん)の総称した呼び名です。

  1. 胸骨舌骨筋は胸骨(胸骨柄)から起始し、舌骨で停止しています。
  2. 肩甲舌骨筋は肩甲骨から起始し、舌骨で停止しています。
  3. 甲状舌骨筋は甲状軟骨から起始し、舌骨で停止しています。
  4. 胸骨甲状筋は胸骨(胸骨柄)から起始し、甲状軟骨で停止しています。

舌骨下筋群は主に開口運動時に舌骨の位置を固定して舌骨上筋の働きを補助します。
また、舌骨を引き下げて顎を引くような動作の補助筋としての役割もあります。

midashi​舌骨下筋群を支配する神経

頸神経叢の頸神経ワナ(C1~C3)

midashi​日常生活動作

首を前に倒す動きや物を飲み込む動作などに関与します。

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

joint

関節の役割と働き

joint

筋力チェック

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る