後頭下筋群(こうとうかきんぐん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

後頭下筋群(こうとうかきんぐん)

midashi英語名称

suboccipital muscles(サボシピタル・マッスルズ)

midashi後頭下筋群の解説

後頭下筋群(こうこうかきんぐん)は小後頭直筋(しょうこうとうちょっきん)、大後頭直筋(だいこうとうちょっきん)、上頭斜筋(じょうとしゃきん)、下頭斜筋(かとうしゃきん)という頚椎後面の深層部にある4つの筋肉の総称です。

後頭下筋群はそれぞれ第1頚椎(C1:環椎)~第2頚椎(C2:軸椎)から起始し、頭蓋骨(とうがいこつ)や環椎に停止します。
主に上部頚椎を伸展(後屈)、側屈に関与し、大後頭直筋と小後頭直筋は特に回旋動作に大きく貢献します。

一つ一つはとても小さい筋肉でそれほど大きな力を有しているわけではありませんが、重い頭蓋骨をカメラの三脚のように支え、動かしている筋なのでとても重要な役割を果たしています。
これらの筋肉に過剰なストレスが加わるとしばしば頭痛の原因に繋がってしまうことがあります。

midashi起始

① 小後頭直筋:C1の後結節
② 大後頭直筋:C2の棘突起
③ 上頭斜筋:C1の横突起
④ 下頭斜筋:C2の棘突起

midashi停止

① 小後頭直筋:下項線の内側1/3
② 大後頭直筋:下項線の中央部
③ 上頭斜筋:大後頭直筋の停止の上部
④ 下頭斜筋:C1の横突起

midashi後頭下筋群の主な働き

主に頭部の伸展(後屈)、側屈、回旋などの動きに関与しています。

midashi後頭下筋群を支配する神経

後頭下神経(第1頸神経後枝)

midashi日常生活動作

日常のどのような生活動作にも関わりがあります。

midashiスポーツ動作

すべてのスポーツに関与します。

midashi関連する疾患

頭痛や目の奥の痛みなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る