腓骨筋群とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

腓骨筋群

腓骨筋群(peroneus muscle)

腓骨筋群(ひこつきんぐん)とは長腓骨筋(ちょうひこつきん)短腓骨筋(たんひこつきん)第三腓骨筋の総称で下腿部の外側を走行する筋肉群です。
腓骨筋群は足関節を外反させたり、足関節を底屈させる作用を持ちます。

英語名称

peroneus muscle (ペロネァス・マッスル)

腓骨筋群の解説

腓骨筋群(ひこつきんぐん)は長腓骨筋(ちょうひこつきん)、短腓骨筋(たんひこつきん)、第三腓骨筋で構成され、下腿の外側を走行する筋肉です。腓骨筋群は足関節を外反させる作用を持ちます。(小指側を持ち上げる)
これらの筋肉は強力な外反筋として働くだけではなく足関節の底屈の補助筋としての役割を担っています。
過去に足関節の内反捻挫を繰り返している方は足関節外側側副靭帯(前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯)を損傷したり、また機能不全を起こしていることが考えられるので足首の内反捻挫を予防する上で長腓骨筋は短腓骨筋必ず鍛えなければならない部位だと言えます。
各筋肉の詳細につきましては下記からご確認ください。

  1. 長腓骨筋
  2. 短腓骨筋
  3. 第三腓骨筋

腓骨筋群の主な働き

sokansetu ashikubi1
短腓骨筋と共に足関節外反底屈させる作用を持っています。

腓骨筋群を支配する神経

浅腓骨神経(L4~S1)

日常生活動作

歩く走るといった日常動作に主に関与しますが、特に路上が不安定になっている場所ではこの筋肉の貢献度は更に高くなります。

スポーツ動作

陸上のほとんどのスポーツ動作では特に重要な役割を果たしています。

関連する疾患

腓骨筋腱脱臼(ひこつきんけんだっきゅう)、腓骨筋腱損傷(ひこつきんけんそんしょう)、腓骨筋腱鞘炎(ひこつきんけんしょうえん)、内反捻挫(ないはんねんざ)、踵骨骨折(しょうこつこっせつ)

その他の下腿部の筋肉

下腿三頭筋(腓腹筋ヒラメ筋)・前脛骨筋後脛骨筋長腓骨筋短腓骨筋第三腓骨筋足底筋長母趾屈筋長趾屈筋長母趾伸筋長趾伸筋

関連記事

  1. 下腿三頭筋

    下腿三頭筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 腓腹筋

    腓腹筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. ヒラメ筋

    ヒラメ筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. 前脛骨筋

    前脛骨筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 後脛骨筋

    後脛骨筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 長腓骨筋

    長腓骨筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説






全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider