前脛骨筋(ぜんけいこつきん)

前脛骨筋(ぜんけいこつきん)

midashi英語名称

tibialis anterior muscle (ティビアリス・アンテリア・マッスル)

midashi解説

前脛骨筋(ぜんけいこつきん)は下腿部前面にある筋肉です。
前脛骨筋は脛骨上方1/2外側面、下腿骨間膜上方2/3前面、下腿筋膜から起始し、足関節の前方を経て足の内側縁に至り、内側楔状骨、第1中足骨底面に停止します。
前脛骨筋は主につま先を持ち上げる(背屈)させる作用に貢献し、また、足関節の内反にも作用します。
つまり、前脛骨筋が弱化し、且つ、拮抗筋である腓腹筋の柔軟性がなくなってしまうと、つま先を持ち上げることができなくなってしまうので、ふくらはぎの疲労が著しくなるばかりか、歩行やランニング時に地面に躓いてしまう可能性が高くなってしまいます。
また、前脛骨筋は足底の内側のアーチ形成(内側縦足弓)にも大きく関与します。
歩行時に足関節の外側に体重をかけるようにすると、前脛骨筋が強く収縮します。
昔、足首の捻挫を何度も繰り返し、足関節の外側の靭帯(前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯の総称)を著しく痛めている方では足が常に内反気味になります。
そのため、下腿部前面や足裏に痛みを誘発してしまうことがあるのです。
前脛骨筋は裸足や靴下でつま先をあげながら歩くことで強化することができます。
また、トゥレイズなどのエクササイズで足関節を背屈させる(動作時に抵抗をかける)ことで前脛骨筋が鍛えることができます。
前脛骨筋は足関節を極端な底屈位にもって行くことでストレッチされますが、その動作に加え、他動的に足関節の外反動作をかけることで最大限に伸張させることができます。

midashi起始

脛骨上方1/2外側面、下腿骨間膜上方2/3前面、下腿筋膜

midashi停止

内側楔状骨、第1中足骨底面

midashi主な働き

ashikubi1 sokansetu
運動動作においては足関節背屈させる作用を持ちます。
また、後脛骨筋長拇指屈筋長指屈筋と伴に足関節を内反(回外)させる作用もあります。

midashi神経支配

深腓骨神経(L4~S1)

midashi日常生活動作

歩行時やランニング時など足を前方に踏みだす動作時に常に作用します。

midashiスポーツ動作

ほとんど全ての運動動作に大きく貢献します。

midashi関連する疾患

コンパートメント症候群、足底筋膜炎

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

関連記事

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
2016年4月に独立し、現在はリアルビジネス、ネットビジネスなど、多方面に渡り活動しています。
ページ上部へ戻る