• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
母指内転筋

母指内転筋
adductor pollicis muscle

母指内転筋(ぼしないてんきん)とは手のひらの屈筋の中では最も深層部にあり、母指を内転させる働きがある筋肉です。
母指内転筋は短母指屈筋(たんぼしくっきん)などと共に、母指球の膨らみを形成する筋肉でもあります。

midashi英語名称

adductor pollicis muscle (アダクター・ポリシィス・マッスル)

midashi母指内転筋の解説

母指内転筋(ぼしないてんきん)は手のひらの屈筋の中では最も深層部にあり、尺側種子骨を頂点として扇状に広がります。
母指内転筋は短母指屈筋などと共に、母指球の膨らみを形成する筋肉でもあります。

母指内転筋の起始部は①横頭(おうとう)、②斜頭(しゃとう)の2つに別れ、①横頭:第3中手骨の掌側面、②斜頭:屈筋支帯・第2及び第3中手骨底の掌側からそれぞれ起始し、母指の基節骨底に停止するいわゆる二頭筋です。

母指内転筋は文字通り、母指を掌側に近づける(内転)働きに大きく貢献します。
この筋肉は比較的幅広く走行するため、母指の対立や屈曲動作にも補助的に関与します。

midashi起始

  1. 横頭:第3中手骨の掌側面
  2. 斜頭:屈筋支帯(くっきんしたい)、有頭骨(ゆうとうこつ)を中心とした手根骨、第2及び第3中手骨底の掌側

midashi停止

母指の基節骨底

midashi母指内転筋の主な働き


運動動作においては主に母指を手掌部に近づける内転動作に大きく貢献します。
また、母指の角度によっては母指の対立や屈曲動作にも補助的に関与します。

midashi母指内転筋を支配する神経

尺骨神経の深枝(しんし)(C8~T1)

midashi日常生活動作

物を掴む動作などに大きく貢献します。

midashiスポーツ動作

ラケットやバット、物を握るなどのスポーツでは特に重要な役割を果たしています。

midashi関連する疾患

肘部管症候群 (ちゅうぶかんしょうこうぐん)、Guyon管症候群 (ぎよんかんしょうこうぐん)、母指内転拘縮(ぼしないてんこうしゅく)

その他の前腕部の筋肉

1.前腕屈筋群
円回内筋橈側手根屈筋長掌筋尺側手根屈筋浅指屈筋長母指屈筋深指屈筋方形回内筋
2.前腕伸筋群
腕橈骨筋長橈側手根伸筋短橈側手根伸筋総指伸筋小指伸筋尺側手根伸筋回外筋長母指外転筋短母指伸筋長母指伸筋示指伸筋
3.手指部
短母指屈筋短母指外転筋短小指屈筋虫様筋小指外転筋母指対立筋小指対立筋掌側骨間筋背側骨間筋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識




運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

ピックアップ記事

  1. オーバートレーニング

    オーバートレーニング症候群はスポーツ選手だけのもの?

  2. 伸張反射,居眠り

    伸張反射とは?筋紡錘は筋肉と神経をつなぐセンサー

  3. 太ももの筋肉が大事!膝をまもるためにも大腿部前面を鍛えよう!

  4. あなたの筋肉量は足りてますか?(サルコぺニアとは)

  5. 筋肉が肥大するメカニズム

  6. 骨格筋の筋線維のタイプ

  7. 骨格筋の様々な収縮様式

  8. 骨格筋の構造と筋収縮のしくみ

    [wc_row] [wc_column size="one-third" position="…
  9. 筋肉の種類や分類法

  10. 頚部の働きと役割(左回旋・右回旋)

ページ上部へ戻る