長母指外転筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

長母指外転筋

長母指外転筋(abductor pollicis longus muscle)

長母指外転筋(ちょうぼしがいてんきん)とは母指を人差し指から離す筋肉です。
長母指外転筋は母指の外転だけではなく手関節の橈屈にも関与しています。

英語名称

abductor pollicis longus muscle (アブダクター・ポリシィス・ロンガス・マッスル)

長母指外転筋の解説

長母指外転筋(ちょうぼしがいてんきん)は長橈側手根伸筋腱、短橈側手根伸筋腱を押さえ込みながら、短母指伸筋とともに総指伸筋の深層部へと進入する前腕伸筋群の一つです 。
長母指外転筋は橈骨・尺骨中部の背側面、前腕骨間膜の背側面から起始し、腱は手の甲の付け根にある伸筋支帯の第1管を通り、第1中手骨底の外側に停止します。
長母指外転筋は、母指を手掌部から離す(外転)動きに作用し、更に手関節橈屈させる動作にも貢献します。この筋肉を鍛えるには徒手抵抗をかけながら母指を内転位から外転位に動かすことで強化することができます。
この筋肉をストレッチするには手首を完全に内転(尺屈)させたまま、手掌を横切るように母指全体を完全屈曲および内転させる必要があります。

起始

橈骨(とうこつ)・尺骨(しゃっこつ)中部の背側面、前腕骨間膜の背側面

停止

第1中手骨底(ちゅうしゅこってい)の外側

長母指外転筋の主な働き

 shukan-150x150
運動動作においては主に母指を手掌部から遠ざけ(母指の外転)たり、手関節において橈屈動作に貢献します。

長母指外転筋を支配する神経

橈骨(とうこつ)神経深枝の後骨間神経(C7~C8)

日常生活動作

手の平を大きく広げる動きに関与します。

スポーツ動作

全ての手の平を大きく広げる必要がある運動動作に貢献します。

関連する疾患

長母指外転筋腱断裂(ちょうぼしがいてんきんけんだんれつ)、橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)、後骨間神経麻痺(こうこっかんしんけいまひ)、ドケルヴァン病など

その他の前腕部の筋肉

1.前腕屈筋群
円回内筋橈側手根屈筋長掌筋尺側手根屈筋浅指屈筋長母指屈筋深指屈筋方形回内筋
2.前腕伸筋群
腕橈骨筋長橈側手根伸筋短橈側手根伸筋総指伸筋小指伸筋尺側手根伸筋回外筋短母指伸筋長母指伸筋示指伸筋
3.手指部
短母指屈筋短母指外転筋短小指屈筋虫様筋母指内転筋小指外転筋母指対立筋小指対立筋掌側骨間筋背側骨間筋

関連記事

  1. 腕橈骨筋

    腕橈骨筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 円回内筋

    円回内筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 回外筋

    回外筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. 橈側手根屈筋

    橈側手根屈筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 長掌筋

    長掌筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 尺側手根屈筋

    尺側手根屈筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説





全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider