大腿二頭筋(だいたいにとうきん)

midashi英語名称

biceps femoris muscle (バイセプス・フェモリス・マッスル)

midashi解説

大腿二頭筋(だいたいにとうきん)は半腱様筋半膜様筋と共に大腿部後面にある代表的な筋肉でこれらの筋肉はまとめてハムストリングと呼ばれています。
大腿二頭筋は大腿後面の外側にあり、文字通り2つ頭(筋頭のこと)を持っており、大腿二頭筋長頭(だいたいにとうきんちょうとう)と大腿二頭筋短頭(だいたいにとうきんたんとう)で構成されています。
大腿二頭筋の主な働きは膝関節の屈曲ですが、長頭と短頭では役割が少し異なってきます。
大腿二頭筋長頭は坐骨結節(ざこつけっせつ)から起始し、腓骨の腓骨頭に停止する二関節筋(関節を二つ跨いでいる筋肉のこと)なので、股関節の伸展動作にも大きく関与します。
一方、大腿二頭筋短頭は大腿骨粗線外側唇(だいたいこっそせんがいそくしん)から起始し、長頭腱を介し、腓骨頭に停止する単関節筋(関節を一つしか跨いでいない筋肉のこと)なので股関節の伸展動作には関与しません。
また、長頭ならびに短頭は下腿部の外旋動作にも関与しています。
大腿二頭筋は他のハムストリングスと同様、柔軟性が失われると起始である坐骨結節(長頭のみ)が引っ張られるので骨盤は後傾しやすくなります。
この筋群の強化にはレッグ・カールなどのエクササイズを行うのがとても効果的なのですが、大腿二頭筋を効果的に鍛えるためには股関節をやや外旋気味にした状態で行うと効果的に鍛えることができます。
柔軟体操としては膝を伸ばして床に座り、ゆっくりと前屈するスタティックストレッチングを行うのが良いでしょう。
このとき大腿二頭筋をストレッチするためには股関節をやや外旋させた状態で行うと効果的にストレッチを行うことができます。
大腿二頭筋があまりにも固くなってしまうと膝が内側に入りやすくなるので外側の半月板に対しても強いストレスがかかるようになります。
ハムストリングの筋挫傷は、フットボールやその他の激しいダッシュが要求される競技では頻繁に起こる傷害です。

midashi起始

  1. 大腿二頭筋(だいたいにとうきん)長頭
    坐骨結節後面
  2. 大腿二頭筋(だいたいにとうきん)短頭
    大腿骨粗線外側唇下方1/2

midashi停止

腓骨頭、下腿筋膜

midashi主な働き

hiza kokan1
主に膝関節の屈曲、股関節の伸展に関与しています。

midashi神経支配

  1. 大腿二頭筋(長頭) 脛骨神経(L5~S1)
  2. 大腿二頭筋(短頭) 総腓骨神経(L5~S1)

midashi日常生活動作

歩行やランニングといった日常動作や前傾した上半身を持ち上げる動作などに関与してます。

midashiスポーツ動作

歩行やランニングなどブレーキをかける動作で大きく貢献します。

midashi関連する疾患

膝関節屈曲拘縮、大腿二頭筋断裂、肉離れ、腓骨頭脱臼、外側半月板損傷など

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

関連記事

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
2016年4月に独立し、現在はリアルビジネス、ネットビジネスなど、多方面に渡り活動しています。
ページ上部へ戻る