大内転筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

大内転筋

大内転筋(adductor magnus muscle)

大内転筋(だいないてんきん)とは内転筋群の中で最も大きい筋肉で最も強い力を発揮します。
前側の内転筋部と、後側のハムストリング部に分かれていて、それぞれ起始部・停止部が異なります。
大内転筋は主に股関節の伸展に作用します。

英語名称

adductor magnus muscle (アダクター・マグナス・マッスル)

大内転筋の解説

大腿の内側には大内転筋(だいないてんきん)、長内転筋(ちょうないてんきん)、短内転筋(たんないてんきん)、薄筋(はっきん)、恥骨筋(ちこつきん)などがありますが、それらをまとめて内転筋群と呼びます。
大内転筋(ないてんきん)は内転筋群の中でも最も大きく、最も強い力を発揮する筋肉でもあります。
大内転筋は坐骨結節、坐骨恥骨枝から起始し、大腿骨粗線内側唇(だいたいこっそせんないそくしん)に停止するので、主に股関節を強力に内転させる作用を持ちますが、その他にも股関節を内旋伸展させる作用もあります。
大内転筋は大腿四頭筋とともに大腿部を代表する筋肉で大腿部の太さにも関係してきます。
大腿周囲が細いようならまず、大腿四頭筋及び内転筋群、とりわけ大内転筋のトレーニングを行うように配慮する必要があります。
スポーツの場面においては大内転筋は水泳の平泳ぎや乗馬などで特に使用されることになります。
しかし、日常生活においては大内転筋を含む内転筋群(長内転筋、短内転筋、薄筋、恥骨筋)はあまり使用される場面が多くないので、筋トレなどで積極的に鍛えておく必要があります。
ヒップアダクションという専用のトレーニングマシンを用いると効率良く内転筋群を鍛えることができます。
骨盤の安定性を高めるうえでも積極的に大内転筋は鍛えることはとても重要となります。
また、大内転筋は長内転筋、短内転筋と同じ方法でストレッチすることができます。

起始

内転筋部(筋性部):
恥骨下枝
ハムストリングス部(腱性部):
坐骨枝(ざこつし)の前面及び坐骨結節(ざこつけっせつ)

停止

内転筋部(筋性部):
大腿骨粗線内側唇(だいたいこっそせんないそくしん)
ハムストリングス部(腱性部):
大腿骨の内側上顆(ないそくじょうか)

大内転筋の主な働きspacespace

kokan2 kokan3 kokan1
運動動作においては股関節内転及び内旋伸展させる作用があります。

大内転筋を支配する神経

ハムストリングス部:
閉鎖神経(L2~S1)
内転筋部:
脛骨神経(L2~S1)

日常生活動作

股を閉じる動作に主に関与します。
内転筋群の筋力が低下するとO脚になりやすくなります。

スポーツ動作

平泳ぎのキックや乗馬など股を閉じる全てのスポーツ動作に大きく貢献します。

関連する疾患

内転筋断裂(ないてんきんだんれつ)、内転筋肉離れ(ないてんきんにくばなれ)、内転筋拘縮(ないてんきんこうしゅく)

代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

その他の大腿部の筋肉

大腿四頭筋(中間広筋内側広筋外側広筋大腿直筋)・ハムストリング(半膜様筋半腱様筋大腿二頭筋)・内転筋群(恥骨筋長内転筋短内転筋薄筋)・大腿筋膜張筋縫工筋膝窩筋

関連記事

  1. 大腿四頭筋

    大腿四頭筋の作用と役割|起始停止・神経支配・筋トレメニューなどを徹底解剖

  2. 中間広筋

    中間広筋の作用と役割|起始停止・神経支配・筋トレメニューなどを徹底解剖

  3. 内側広筋

    内側広筋の作用と役割|起始停止・神経支配・筋トレメニューなどを徹底解剖

  4. 外側広筋

    外側広筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 大腿直筋

    大腿直筋の作用と役割|起始停止・神経支配・筋トレメニューなどを徹底解剖

  6. ハムストリング

    ハムストリングとは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説





全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider