大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

midashi英語名称

tensor fasciae latae muscle (テンサー・ファッシィ・ラティ・マッスル)

midashi解説

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)は大腿上部の外側で大腿筋膜のなかに包まれています。
上前腸骨棘と大腿筋膜の内面から起始し、大転子の前方を経て腸脛靱帯に移り、この靱帯は大腿の外側を下行し、脛骨外側顆に停止します。
運動動作においては主に股関節の屈曲内旋外転、膝関節の外旋といった動きに関与します。
大腿筋膜張筋は他の股関節屈筋(大腿直筋腸腰筋など)によって股関節が屈曲しているときに、股関節の外旋動作を抑制させる作用を持ちます。
すなわち、大腿筋膜張筋は歩行時や走行動作で脚を前方に振る(股関節屈曲)際、股関節が外旋するのを防ぎ、足がまっすぐ前に出るようにするという重要な役割を果たしているのです。
また、中臀筋小殿筋と共に骨盤が左右にぶれないように安定させるというとても重要な働きもしています。
大腿筋膜張筋は側臥位になって、股関節を外転させるヒップアブダクションというエクササイズで強化することができます。
このとき大腿筋膜張筋により刺激を与える場合は股関節を若干、外旋させておくと効果的にトレーニングを行うことができます。

midashi起始

腸骨稜外唇の前部、上前腸骨棘、大腿筋膜の深面

midashi停止

腸脛靱帯を介して脛骨外側顆

midashi主な働き

kokan1 kokan3 kokan2
運動動作においては股関節の屈曲内旋外転、膝関節の外旋といった動きに関与します。

midashi神経支配

上殿神経(L4~L5)

midashi日常生活動作

歩行時に足をまっすぐ振り出す動きなどに関与します。

midashiスポーツ動作

歩く動作や走る動作をはじめ多くのスポーツ動作に関与し、足をまっすぐ振り出す動きに貢献します。

midashi関連する疾患

上前腸骨棘裂離骨折、腸脛靭帯炎、オスグッド・シュラッター病、思春期脊椎分離症など

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

関連コンテンツ

全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

joint

関節の役割と働き

joint

筋力チェック

joint

筋肉単語帳

tango

KindleBookになりました。

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る