小臀筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

小殿筋

小臀筋(gluteus minimus muscle)

小臀筋(しょうでんきん)とはお尻の上部側面にあり、中殿筋の深層に位置する筋肉です。
小臀筋は中殿筋とほぼ同じ作用をもち、股関節の外転の主力筋として働きます。
また、太ももを内側に回旋する股関節の内旋動作にもわずかに作用します。

英語名称

gluteus minimus muscle (グルティアス・ミニマス・マッスル)

小臀筋の解説

小臀筋(しょうでんきん)は臀部の上部側面にあり、中臀筋の深部にある筋肉です。
小臀筋は前臀筋線と下殿筋線の間の腸骨から起始し、大腿骨の大転子に停止します。
運動動作においては中臀筋とほぼ同じ作用をもち、主に股関節外転内旋といった動きに関与します。
小臀筋も中臀筋と同様、直立のときに中臀筋と伴に骨盤を支える筋肉で、例えば、歩行中に体重が片足にかかった時に逆側に骨盤が傾かないように保持する股関節外転筋でもあります。
一般的に加齢と共に小臀筋と中臀筋は機能は低下すると言われています。
歩行中に何にもないところで足が引っかかって転倒しそうになるという方は小臀筋、中臀筋の筋力低下を疑った方が良いかもしれません。
これらの筋肉に傷害や機能不全が起こると『トレンデンブルグ』現象が発症してしまいます。
『トレンデンブルグ』現象とは特に片足立ちになった時に骨盤が横揺れを起こしてしまい、臀部がだらりと落ちてしまうという現象です。
小臀筋の強化のためには、大腿筋膜張筋や中臀筋の中で紹介しているような股関節の外転エクササイズが効果的です。
小殿筋は股関節を少し外旋させて十分な内転を行うとストレッチすることができます。

起始

腸骨翼(ちょうこつよく)の殿筋面(前殿筋線と下殿筋線の間)

停止

大腿骨の大転子の前面

小臀筋の主な働き

kokan2 kokan3
運動動作においては股関節外転、わずかな内旋といった動きに関与します。

小臀筋を支配する神経

上臀神経(L4~S1)

日常生活動作

中臀筋とともに足を横に踏み出す動作や、片足立ちになったときに骨盤が横に傾かないように保持するための筋肉です。

スポーツ動作

バスケットボールのサイドステップなどに大きく貢献します。

関連する疾患

変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)、大腿骨頸部骨折(だいたいこっけいぶこっせつ)、大腿骨転子部骨折(だいたいこつてんしぶこっせつ)、中殿筋麻痺(ちゅうでんきんまひ)、先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)、デュシャンヌ型筋ジストロフィー症

代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

中臀筋のスタティックストレッチ

中臀筋のスタティックストレッチ

その他の臀部の筋肉
大臀筋中臀筋深層外旋六筋(梨状筋内閉鎖筋外閉鎖筋上双子筋下双子筋大腿方形筋)】

関連記事

  1. 大臀筋

    大臀筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 中臀筋

    中臀筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 深層外旋六筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. 梨状筋

    梨状筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 内閉鎖筋

    内閉鎖筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 外閉鎖筋

    外閉鎖筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説





全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider