• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

梨状筋(りじょうきん)

midashi英語名称

piriformis muscle (ピリフォーミス・マッスル)

midashi梨状筋の解説

梨状筋(りじょうきん)は大臀筋の更に深層部にある筋肉で文字通り、梨の形をした筋肉です。
梨状筋は仙骨の内側面の上位3孔の間から起始し、大腿骨の大転子に停止する筋肉です。

梨状筋は他の『深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん)』と共に主に股関節の外旋動作に貢献する筋肉ですが、深層外旋六筋のうち上方に位置する筋肉でもあるので貢献度は低いものの股関節の外転動作にも関与します。

深層外旋六筋とは梨状筋をはじめ、内閉鎖筋(ないへいさきん)、外閉鎖筋(がいへいさきん)、大腿方形筋(だいたいほうけいきん)、上双子筋(じょうそうしきん)、下双子筋(かそうしきん)の総称で、主に股関節を外旋させることに大きく関わりがある筋肉群なのでしばしばそう呼ばれることがあります。
深層外旋六筋は肩関節でいうところの回旋筋腱板(ローテーターカフ)と同じように、腸骨大腿靭帯などと協力して骨頭を安定させる働きを持つ筋肉でもあります。
梨状筋下孔を通過する坐骨神経は梨状筋の絞扼を受けやすいのでその影響で時に『坐骨神経痛』が出ることがあります。
これを俗に『梨状筋症候群』と呼びます。
梨状筋症候群は梨状筋の拘縮により股関節の動きに制限(内旋)が出ている方が発症するケースが高いのですが、その他に先天的に座骨神経が梨状筋を貫いてしまっている構造の方が全体の約40%いると言われているので、こういう方ほど重度の梨状筋症候群に陥りやすいようです。
この場合、『梨状筋切開術』という手術を用いられることがあります。
梨状筋切開術とは文字通り、坐骨神経を傷つけないように確認しながら圧迫してる梨状筋を部分切開するという手術です。

midashi起始

仙骨の内側面の上位3孔の間

midashi停止

大腿骨の大転子上縁

midashi梨状筋の主な働き

kokan3 kokan2
運動動作においては股関節外旋及び外転に関与します。

midashi梨状筋を支配する神経

仙骨神経叢(L5~S2)

midashi日常生活動作

歩行時に方向を転換したり、立位など股関節を安定させる全ての日常生活動作に関与します。

midashiスポーツ動作

体の向きを変える際の軸足の動きに大きく貢献します。

midashi関連する疾患

梨状筋症候群、変形性股関節症、大腿骨頸部骨折など

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

joint

関節の役割と働き

joint

筋力チェック

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る