大臀筋(だいでんきん)

midashi英語名称

gluteus maximus muscle (グルティアス・マキシマス・マッスル)

midashi大臀筋の解説

大臀筋(だいでんきん)は臀部を形成している筋肉のうち最も表層部にあり、肥厚し、著しく膨隆して豊満観を与える筋肉です。
また、単一筋としては人体の中で最大の面積を誇ります。
大臀筋は仙骨腸骨の後面から起始し、全体として方形をなして斜めに下外方に向かって腸脛靱帯と大腿骨の殿筋粗面に停止します。
大臀筋はハムストリングスと共同し、主に股関節の伸展に関与する筋肉ですが、その他にも股関節の外旋や外転といった動作にも関与します。

しかしながら大臀筋は股関節が約15°以上伸展したときに作用され始めるので歩行時などではあまり作用しません。大臀筋は股関節の外旋筋でもあるので外旋を伴った股関節伸展動作のときに一番使用されるのです。

すなわち、バーベルスクワットレッグプレスを行う際、股関節をやや外旋位(つま先を外側にむける)で行うと効率良く鍛えることができるということです。
また、腹臥位(うつ伏せ)になり膝関節を40°くらいに曲げたまま、股関節を伸展(膝を高く持ち上げる)させるエクササイズを行うこともとても有効だと思います。
このように大臀筋は股関節の伸展の際に大きく貢献するので、姿勢保持に関与し立位で正しい姿勢を保つためにも日頃から筋力強化をはかることがとても重要といえます。

midashi起始

①浅部:腸骨稜、後上腸骨棘、仙骨、尾骨外側縁、胸腰筋膜
②深部:腸骨翼外面後殿筋線後方、仙結節靭帯

midashi停止

①上側:大腿筋膜外側部から腸脛靭帯
②下側:大腿骨大殿筋粗面

midashi大臀筋の主な働き

kokan1 kokan2 kokan3

主に股関節伸展及び外転外旋に関与します。

midashi大臀筋を支配する神経

下殿神経(L4~S2)

midashi日常生活動作

歩行や走る動作など全ての日常動作に関与します。

midashiスポーツ動作

ランニングやダッシュ、ジャンプ動作など股関節伸展動作が伴う全てのスポーツ動作に大きく貢献します。

midashi関連する疾患

大殿筋麻痺庫、変形性股関節症、大腿骨頸部骨折、先天性股関節脱臼、デュシャンヌ型筋ジストロフィー症、脊椎分離症、慢性腰痛症れなど

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

joint

関節の役割と働き

joint

筋力チェック

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る