短趾伸筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

短趾伸筋

短趾伸筋(extensor digitorum brevis muscle)

短趾伸筋(たんししんきん)とは短母趾伸筋(たんぼししんきん)と同様に足の甲を通る筋肉です。
短趾伸筋は主に第2~4趾DIP(第1)、PIP(第2)、MP(付け根)関節の伸展動作に関与しています。

英語名称

extensor digitorum brevis muscle (イクステンサー・ディジトーラム・ブレヴィス・マッスル)

短趾伸筋の解説

短趾伸筋(たんししんきん)は短母趾伸筋と同様に足の甲を通る筋肉です。
短趾伸筋は踵骨の前部背側面、骨間距踵靭帯、下伸筋支帯の1脚から起始し、第2~4趾の趾背腱膜に停止します。
主に長趾伸筋とともに、足の人差し指、中指、薬指を反らす働き(第2~4趾の伸展)があり、小指(第5趾)まで伸展する場合もあります。

起始

踵骨の前部背側面、骨間距踵靭帯、下伸筋支帯の1脚

停止

第2~4趾の趾背腱膜

短趾伸筋の主な働き

  
運動動作においては主に第2~4趾DIP(第1)、PIP(第2)、MP(付け根)関節の伸展動作に関与しています。

短趾伸筋を支配する神経

深腓骨神経(L4~S1)

日常生活動作

つま先立ちをする動作に関与します。

スポーツ動作

ランニング、ジャンプなどあらゆるスポーツ動作に大きく貢献します。

代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

その他の足指部の筋肉

短趾屈筋短母趾屈筋短小趾屈筋母趾内転筋母趾外転筋小趾外転筋小趾対立筋虫様筋足底方形筋短母趾伸筋底側骨間筋背側骨間筋

関連記事

  1. 下腿三頭筋

    下腿三頭筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 腓腹筋

    腓腹筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. ヒラメ筋

    ヒラメ筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. 前脛骨筋

    前脛骨筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 後脛骨筋

    後脛骨筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 腓骨筋群

    腓骨筋群とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説





全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider