腓腹筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

腓腹筋

腓腹筋(gastrocnemius muscle)

腓腹筋(ひふくきん)とは膝関節と足関節をまたぐ二関節筋でふくらはぎの膨らみを形成する筋肉です。
主に足関節底屈に関与する筋肉で、こむら返りとは腓腹筋の痙攣のことでです。

英語名称

gastrocnemius muscle (ガストロクニーミァス・マッスル)

腓腹筋の解説

腓腹筋(ひふくきん)は下腿三頭筋(かたいさんとうきん)を構成する筋肉の一つです。
下腿三頭筋は浅層部にある腓腹筋内側頭、腓腹筋外側頭、及び深層部にあるヒラメ筋の3つの筋肉の総称です。
腓腹筋の内側頭は大腿骨内側上顆(だいたいこつないそくじょうか)、外側頭は大腿骨外側上顆(だいたいこつがいそくじょうか)から起始し、ヒラメ筋と共にアキレス腱を構成し、踵骨隆起(しょうこつりゅうき)に停止します。
腓腹筋は下腿三頭筋の中では二関節筋(二つの関節を跨いでいる)に分類され、膝関節の屈曲、足関節の底屈に大きく貢献しますが、ヒラメ筋は単関節筋(一つの関節しか跨いでいない)なので足関節の底屈にしか関与しません。
腓腹筋は膝関節が完全伸展状態の時に足関節の底屈筋として大きな力を発揮します。逆に膝関節が屈曲しているときには腓腹筋は緩むのでヒラメ筋の方が足関節の底屈筋としての貢献度が高くなります。
ランニング、ジャンプ、などこれらすべての動作は、身体を上方と前方に進める腓腹筋とヒラメ筋の力に大きく依存します。
腓腹筋を鍛えるにはカーフレイズ(またはヒールレイズ)を行うことで強化することができます。
また、腓腹筋をストレッチするには膝関節を完全に伸展させた状態で足関節を背屈させる必要があります。
いわゆる「こむらがえり」は、腓腹筋のけいれんが原因となることが多いようです。

起始

  1. 内側頭:
    大腿骨の内側上顆(ないそくじょうか)
  2. 外側頭:
    大腿骨の外側上顆(がいそくじょうか)

停止

踵骨隆起(しょうこつりゅうき)

腓腹筋の主な働き

ashikubi1 hiza
主に足関節底屈膝関節屈曲に関与しています。

腓腹筋を支配する神経

脛骨神経(S1~S2)

日常生活動作

つま先立ちをする動作に関与します。

スポーツ動作

ランニング、ジャンプなどあらゆるスポーツ動作に大きく貢献します。

関連する疾患

アキレス腱断裂(あきれすけんだんれつ)、アキレス腱周囲炎(あきれすけんしゅういえん)、腓腹筋肉離れ(ひふくきんにくばなれ)

代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

腓腹筋のスタティックストレッチ

腓腹筋のスタティックストレッチ

※膝関節が屈曲しているため正確いうとヒラメ筋のストレッチになります。

その他の下腿部の筋肉

ヒラメ筋前脛骨筋後脛骨筋腓骨筋群(長腓骨筋短腓骨筋第三腓骨筋)・足底筋長母趾屈筋長趾屈筋長母趾伸筋長趾伸筋

関連記事

  1. 下腿三頭筋

    下腿三頭筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. ヒラメ筋

    ヒラメ筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 前脛骨筋

    前脛骨筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. 後脛骨筋

    後脛骨筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 腓骨筋群

    腓骨筋群とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 長腓骨筋

    長腓骨筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説



全身の骨格筋

 

筋肉の基礎知識

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider