大腿直筋(だいたいちょっきん)

midashi英語名称

rectus femoris muscle (レクタス・フェモリス・マッスル)

midashi解説

大腿直筋(だいたいちょっきん)は大腿前面の表層部で大腿部の前面にあり、大腿四頭筋の中心をなす筋肉で大腿四頭筋の中では唯一の二関節筋(にかんせつきん)です。
大腿直筋は腸骨の下前腸骨棘から膝蓋骨の底と両側縁に着き、膝蓋骨の前面を被いながら膝蓋靱帯となり、脛骨粗面に着きます。
大腿直筋は他の三頭と共に膝関節の伸展させる働きを持ってますが、起始部が骨盤にあるために股関節の屈曲動作にも働きます。
大腿直筋の柔軟性が失われると起始である下前腸骨棘(かぜんちょうこつきょく)が引っ張られることになるので骨盤は前傾しやすくなります。
逆に大腿直筋の柔軟性が高かすぎたり、大殿筋ハムストリングス(大腿部の後面にある筋肉群)が硬すぎたりすると骨盤は後傾しやすくなります。
このように二関節筋である大腿直筋のコンディションの状態により骨盤の傾きは前傾になったり、後傾になったりと大いにその影響を受けてしまいます。
大腿直筋は他の広筋群に比べ瞬発的な動きへの貢献度が高い筋肉でもあります。
この筋肉は大腿四頭筋の他の筋肉とともにランニング、ジャンプ、ホップ、そしてスキップなどに大きく貢献します。

midashi起始

下前腸骨棘、寛骨臼の上縁

midashi停止

①膝蓋骨上縁
②膝蓋腱を介して脛骨粗面

midashi主な働き

hiza kokan1
膝関節の伸展、股関節の屈曲動作にも関与しています。

midashi神経支配

大腿神経(L2~L4)

midashi日常生活動作

歩く動作や走る動作をはじめ多くの日常生活動作に関与します。
大腿直筋は股関節の屈曲筋でもあるのであまりこの筋肉が弱化すると腿を高く上げることができなくなります。

midashiスポーツ動作

全てのスポーツ動作に大きく貢献します。

midashi関連する疾患

大腿四頭筋拘縮症、オスグッド・シュラッター病、 ジャンパーズニー、ランナーズニー、下前腸骨棘裂離骨折、大腿直筋肉離れなど

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

関連記事

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
2016年4月に独立し、現在はリアルビジネス、ネットビジネスなど、多方面に渡り活動しています。
ページ上部へ戻る