長内転筋(ちょうないてんきん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
長内転筋

長内転筋(ちょうないてんきん)

midashi英語名称

adductor longus muscle (アダクター・ロンガス・マッスル)

midashi長内転筋の解説

大腿の内側には大内転筋(だいないてんきん)、短内転筋(たんないてんきん)、薄筋(はっきん)、恥骨筋(ちこつきん)などがありますが、それらをまとめて内転筋群と呼びます。
長内転筋(ちょうないてんきん)は恥骨上肢(恥骨結節の下方)から起始し、恥骨筋の下部を走行し、大腿骨粗線内側唇(だいたいこつそせんないそくしん)に停止します。

長内転筋は大内転筋の前部に位置する内転筋群の一つです。
主に他の内転筋群などと共に股関節を内転させる作用がありますが、起始部が骨盤の前側にあるために股関節の屈曲動作にも関与します。

また、わずかではありますが長内転筋は恥骨筋とともに軽度外旋作用をもちます。
長内転筋はいわゆるシザーズ(はさみ) ・エクササイズで鍛えることができます。
シザーズエクササイズとは脚を大きく聞き、トレーニングパートナーが手で膝から下腿あたりに手を置き、内側から外側に向かって抵抗をかけてもらい、実施者はその抵抗に逆らいながら足を閉じるように内転動作を行うというものです。
スポーツジムなどではヒップアダクションというマシンがそれに相当します。
他の内転筋群にも同様のことがいえますが、長内転筋の衰えはO脚などの原因になってしまったり骨盤の横の安定性がうまくとれなくなってしまうので日頃から積極的に鍛えておく必要があると思います。
ストレッチは短内転筋と同様に行います。

midashi起始

恥骨上肢(恥骨結節の下方)

midashi停止

大腿骨粗線内側唇(だいたいこつそせんないそくしん)中部1/3

midashi長内転筋の主な働きspacespace

kokan2 kokan3 kokan1
運動動作においては股関節内転及び内旋屈曲させる作用があります。

midashi長内転筋を支配する神経

閉鎖神経の前枝(ぜんし)(L2~L4)

midashi日常生活動作

股を閉じる動作に主に関与します。
内転筋群の筋力が低下するとO脚になりやすくなります。

midashiスポーツ動作

平泳ぎのキック、ランニングやダッシュで腿を前方に振る動きなどのスポーツ動作に大きく貢献します。

midashi関連する疾患

内転筋断裂(ないてんきんだんれつ)、内転筋肉離れ(ないてんきんにくばなれ)、内転筋拘縮(ないてんきんこうしゅく)

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

その他の大腿部の筋肉

大腿四頭筋(中間広筋内側広筋外側広筋大腿直筋)・ハムストリング(半膜様筋半腱様筋大腿二頭筋)・内転筋群(恥骨筋大内転筋短内転筋薄筋)・大腿筋膜張筋縫工筋膝窩筋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る