恥骨筋(ちこつきん)

midashi英語名称

pectineus muscle (ペクティニァス・マッスル)

midashi解説

大腿部の内側には大内転筋長内転筋短内転筋薄筋、恥骨筋などがありますが、それらの筋肉をまとめて内転筋群と呼びます。
恥骨筋は内転筋群の中で最も上部に位置する扇平な筋肉です。
恥骨筋は恥骨櫛(ちこつしつ)から起始し、大腿骨粗線の近位部と恥骨筋線に停止します。
主に股関節の内転に働きますが、他の内転筋群と同じように屈曲内旋にも作用します。
恥骨筋の柔軟性が過剰に硬いと骨盤は前傾しやすくなります、これを抑制しているのが股関節の伸筋群や腹直筋です。
内転筋群は股関節の外転筋群(代表的なものには中臀筋大腿筋膜張筋などがある)と共に共同し、骨盤安定性を保つのに大きく貢献します。
特に骨盤の横の安定に大きく関与し、この筋肉群がうまく働かないと骨盤が横ブレが起こるようになります。
歩行時に何もないところで足先が躓きやすかったりする場合は内転筋群と外転筋群のバランスが崩れていることを疑う必要があります。

midashi起始

恥骨櫛(ちこつしつ)

midashi停止

大腿骨粗線の近位部、恥骨筋線

midashi主な働きspacespace

kokan2 kokan3 kokan1

運動動作においては股関節の内転及び内旋屈曲させる作用があります。

midashi神経支配

閉鎖神経(L2~L4)
大腿神経(L2~L3)

midashi日常生活動作

股を閉じる動作に主に関与します。
内転筋群の筋力が低下するとO脚になりやすくなります。

midashiスポーツ動作

平泳ぎのキックなど股を閉じる全てのスポーツ動作に大きく貢献します。

midashi関連する疾患

内転筋断裂、内転筋肉離れ、内転筋拘縮など

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

関連記事

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
2016年4月に独立し、現在はリアルビジネス、ネットビジネスなど、多方面に渡り活動しています。
ページ上部へ戻る