​外側翼突筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

外側翼突筋

外側翼突筋(lateral pterygoid muscle)

外側翼突筋(がいそくよくとつきん)とは4つの咀嚼筋(そしゃくきん)のうちの1つで顎の深層部にある筋肉です。
咀嚼筋は文字通り、咀嚼するときに活動する筋肉です。

英語名称

lateral pterygoid muscle(ラテラル・テリゴィド・マッスル)

外側翼突筋の解説

外側翼突筋(がいそくよくとつきん)は4つの咀嚼筋(そしゃくきん)のうちの1つで顎の深層にある筋肉です。
咀嚼筋は文字通り、咀嚼するときに活動する筋肉で、主に下顎を強く閉じるときに活躍します。
この他に咀嚼筋には内側翼突筋(ないそくよくとつきん)、外頭筋(そくとうきん)、咬筋(こうきん)などがあります。
外側翼突筋は頬骨の深層にあり、上下二つに別れ、上部は主に口を開ける動きが、下部は主に顎を前に出す働きがあります。
内側翼突筋(ないそくよくとつきん)と交互に働くことで顎を左右に動かすような口内で食べ物をすりつぶす動きを行うことができます。

起始

上部:蝶形骨大翼の側頭下面と側頭下稜
下部:蝶形骨の翼状突起の外側板外面

停止

下部:下顎骨の関節突起
上部:顎関節の関節円板と線維性被膜

外側翼突筋の主な働き

会話、食事など下顎を動かす全ての動作に関与します。
また、下顎を前に出したり、口を横に動かすときにも作用します。

外側翼突筋を支配する神経

三叉神経(下顎枝の外側翼突筋神経)

日常生活動作

特に食事などにおいて下顎を動かす動作時に咬筋と共に働きます。

スポーツ動作

力を入れるすべてのスポーツに関与します。
特に力を入れる際に歯を食いしばる動きに大きな役割をはたしています。

関連する疾患

顎関節症

その他の頭部・頚部の筋肉

表情筋舌骨下筋群・​ 側頭筋・​咬筋・​内側翼突筋椎前筋群後頭下筋群胸鎖乳突筋斜角筋群(前斜角筋中斜角筋後斜角筋)・頭板状筋頸板状筋

関連記事

  1. 表情筋

    表情筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 舌骨下筋群

    ​舌骨下筋群とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 側頭筋

    側頭筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. 咬筋

    ​咬筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 内側翼突筋

    ​内側翼突筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 椎前筋群とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説





全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider