頸板状筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

頸板状筋

頸板状筋(splenius cervicis muscle)

頸板状筋(けいばんじょうきん)とは頭板状筋(とうばんじょうきん)のやや前方を走行する筋肉です。
頸板状筋は主に首を反らす働きがあり、横に曲げる作用もあります。

英語名称

splenius cervicis muscle (スプリニアス・サーブィシィス・マッスル)

頸板状筋の解説

頸板状筋は頭板状筋(とうばんじょうきん)のやや前方を走行し、頭頸部の後面にあり、首の後側面で筋腹に触れることが出来る筋肉です。
頸板状筋は後頭部に付着している筋肉のうち最も深層部にある筋肉で、頭板状筋とともに首を後ろに反らしたり、首を真横に倒したり、首を左右に捻るといった複合動作に関与しています。
また、頸板状筋はこれらの運動動作以外にも頭部をしっかりと安定させる働きに作用します。

起始

第3(または4)~第5(または6)胸椎の棘突起

停止

第1~第2(または3)頸椎の横突起の後結節

頸板状筋の主な働き

  
運動動作においては頸板状筋とともに頸部の伸展、側屈、回旋に関与しています。

頸板状筋を支配する神経

脊髄神経の後枝(C1~C5)

日常生活動作

頭部を後ろに反らしたり、真横に倒したり、左右に捻るといった動作に関与しています。
また、頭部を安定させるためにもとても重要な役割を果たしています。

スポーツ動作

頭部や上体を固定させるあらゆるスポーツ動作に貢献しています。

関連する疾患

頚髄損傷、むちうち、頚部の痛み

その他の頭部・頚部の筋肉

表情筋舌骨下筋群・​ 側頭筋・​咬筋・​内側翼突筋外側翼突筋椎前筋群後頭下筋群胸鎖乳突筋斜角筋群(前斜角筋中斜角筋後斜角筋)・頭板状筋

関連記事

  1. 表情筋

    表情筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 舌骨下筋群

    ​舌骨下筋群とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 側頭筋

    側頭筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. 咬筋

    ​咬筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 内側翼突筋

    ​内側翼突筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 外側翼突筋

    ​外側翼突筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説





全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider