• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中間広筋

中間広筋(ちゅうかんこうきん)

midashi英語名称

vastus intermedius muscle (ヴァスタス・インターミディアス・マッスル)

midashi中間広筋の解説

中間広筋(ちゅうかんこうきん)は大腿部前面の深層部にある強力な筋肉です。
中間広筋は大腿直筋(だいたいちょっきん)の深層部に位置する筋肉で直接触れることはできません。
大腿骨の前面と両側面から起こり、膝蓋骨の底と両側縁に着き、膝蓋骨の前面を被いながら膝蓋靱帯(しつがいじんたい)となり、脛骨の脛骨粗面(けいこつそめん)に着きます。

大腿直筋の除く3つの広筋群、すなわち、内側広筋(ないそくこうきん)、外側広筋(がいそくこうきん)、中間広筋は同時に収縮すると膝関節を伸展させる作用を持ちます。

これらの広筋群は同時に収縮するので力強く膝関節を伸展させる作用を持ち、大腿直筋とともにランニング、ジャンプ、そして歩行に使われます。
広筋群はレッグエクステンションのように股関節が屈曲している状態での膝関節の伸展動作で、最も力を発揮することができます。
パーベルを使ったスクワット運動は正しいフォームで行えば、大腿四頭筋のトレーニングに大変な効果がありますが、スクワットは股関節の伸展動作などの動きも伴うため純粋な大腿四頭筋のトレーニングとは言えません。
もし、純粋に大腿四頭筋を鍛えるのであれば股関節の動きが伴わない、レッグエクステンションシシースクワットを行うととても効率よく鍛えることができます。
広筋群をストレッチするには膝関節を屈曲させることで伸ばすことができます。

midashi起始

大腿骨の前面及び外側面

midashi停止

  1. 膝蓋骨の上縁
  2. 膝蓋腱(しつがいけん)を介して脛骨粗面(けいこつそめん)

midashi中間広筋の主な働き

hiza
主に膝関節伸展に関与しています。

midashi中間広筋を支配する神経

大腿神経(L2~L4)

midashi日常生活動作

歩く動作や走る動作、立ち上がる動作をはじめ多くの日常生活動作に関与します。

midashiスポーツ動作

ランニングやダッシュ、ジャンプ動作などあらゆるスポーツ動作に大きく貢献します。

midashi関連する疾患

膝関節拘縮(しつかんせつこうしゅく)、大腿骨骨幹部骨折(だいたいこつこっかんぶこっせつ)、大腿骨骨折(だいたいこつこっせつ)、中間広筋挫傷(ちゅうかんこうきんざしょう)

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

その他の大腿部の筋肉

大腿四頭筋(内側広筋外側広筋大腿直筋)・ハムストリング(半膜様筋半腱様筋大腿二頭筋)・内転筋群(恥骨筋大内転筋長内転筋短内転筋薄筋)・大腿筋膜張筋縫工筋膝窩筋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る