短趾屈筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

短趾屈筋

短趾屈筋(flexor digitorum brevis muscle)

短趾屈筋(たんしくっきん)とは足裏にある最も表層部にある筋肉です。
短趾屈筋は足底腱膜で覆われていて、主に人差し指から小指までの屈曲に関与しています。

英語名称

flexor digitorum brevis muscle (フレクサー・ディジトーラム・ブレヴィス・マッスル)

短趾屈筋の解説

短趾屈筋(たんしくっきん)は足裏にある最も表層部にある筋肉です。
短趾屈筋は筋腹が足裏の中央部付近に存在し、足底腱膜(そくていけんまく)で覆われています。
腫骨隆起下面(しょうこつりゅうきかめん)及び足底腱膜から起始し、途中で枝分かれし、人差し指から小指まで4本の腱がそれぞれの中節骨底に付着します。
この筋肉の主な働きは母趾(親指)を除く4本の足趾(第2~5趾)を曲げる(屈曲)作用です。このとき主に動く関節は第2~5趾の近位指節間関節(PIP 関節)、 中手指節間関節(MP関節)です。
短趾屈筋は虫様筋をはじめとする内在指屈筋群とともに横足弓(横アーチ)の形成に大きく貢献します。
横アーチの形成不全だと母趾球筋、短趾屈筋とも筋力低下が起こってしまい開張足の原因もなります。
短趾屈筋の筋力強化にはタオルギャザーがとても有効です。
この筋肉をストレッチするには足関節を背屈位にし、四趾を伸展させることで引き延ばすことができます。

起始

踵骨隆起(しょうこつりゅうき)下面及び足底腱膜(そくていけんまく)

停止

第2~第5趾骨の中節骨底(ちゅうせつこってい)

短趾屈筋の主な働き

 
運動動作においては主に足趾第2~第5趾PIP(第2)、MP(付け根)の屈曲に関与しています。

短趾屈筋を支配する神経

内側足底神経(L5~S1)

日常生活動作

立った状態で、転倒しないようにバランスをとる動作に関与します。

スポーツ動作

サーフィン、スノーボードなどバランス感覚が要求されるスポーツ動作に大きく貢献します。

関連する疾患

開張足(かいちょうそく)、中足骨頭部痛(ちゅうそくこっとうぶつう)、モ一トン病、偏平足障害(へんぺいそくしょうがい)

代表的なウエイトトレーニング

その他の足指部の筋肉

短母趾屈筋短小趾屈筋母趾内転筋母趾外転筋小趾外転筋小趾対立筋虫様筋足底方形筋短母趾伸筋短趾伸筋底側骨間筋背側骨間筋

関連記事

  1. 下腿三頭筋

    下腿三頭筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 腓腹筋

    腓腹筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. ヒラメ筋

    ヒラメ筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. 前脛骨筋

    前脛骨筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 後脛骨筋

    後脛骨筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 腓骨筋群

    腓骨筋群とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説




全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でスポーツトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

KindleBookになりました。