僧帽筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

僧帽筋

僧帽筋(trapezius muscle)

僧帽筋(そうぼうきん)とは肩こりの自覚症状を起こす主要な筋肉として広く知られています。
僧帽筋は、上部、中部、下部の3つに分類され、それぞれの場所により働きが異なります。

英語名称

trapezius muscle (トラピーズィァス・マッスル)

僧帽筋の解説

僧帽筋(そうぼうきん)は背部の一番表層部にある筋肉でそれぞれ上部僧帽筋中部僧帽筋下部僧帽筋に分類することができます。
上部僧帽筋は薄くて比較的力が弱いので、首の動きにはそれほど大きく関わっていません。
上部僧帽筋は主に鎖骨肩甲骨引き上げ(挙上)動作時に貢献します。
中部僧帽筋は厚くて力も強く、肩甲骨を挙上、内転上方回旋させる作用を持ちますが、とりわけ中部僧帽筋は菱形筋群と共に肩甲骨の内転動作に大きく貢献します。
この部分が弱化すると肩甲骨が外側に開こうとするので猫背の原因になってしまうこともあります。
下部僧帽筋は肩甲骨を下制、内転、上方回旋させる助けをします。
上部僧帽筋、中部僧帽筋、下部僧帽筋の3つの部分が一緒に働くと肩甲骨は上方回旋と内転動作が同時に起こります。
このように僧帽筋は、三角筋の働きを助け、肩甲骨を安定させることにあります。
各筋肉の詳細につきましては下記からご確認ください。

  1. 上部僧帽筋
  2. 中部僧帽筋
  3. 下部僧帽筋

僧帽筋の主な働き

kenkou1 kenkou1 kenkou1
運動動作においては主に頚部の伸展及び肩甲帯の拳上‐下制内転上方回旋させる作用があります。

僧帽筋を支配する神経

副神経の外枝(がいし)、頸神経叢(けいしんけいそう)の筋枝(C2~C4)

日常生活動作

日常生活では主に肩甲骨の動きに関与し、三角筋と共に腕を持ち上げるなどといった動きの補助にも関与します。

スポーツ動作

柔道やレスリングなど相手を引き寄せる動作に主に貢献します。

関連する疾患

副神経麻痺(ふくしんけいまひ)、胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)、投球障害肩(とうきゅうしょうがいかた)、肩関節不安定症(かたかんせつふんていしょう)など

代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

その他の肩部・背部の筋肉

三角筋広背筋大円筋ローテーターカフ(小円筋棘上筋棘下筋肩甲下筋)・僧帽筋上部線維僧帽筋中部線維僧帽筋下部線維外内肋間筋前鋸筋肩甲挙筋菱形筋群(大菱形筋小菱形筋)】

関連記事

  1. 三角筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 広背筋

    広背筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 大円筋

    大円筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. ローテーターカフとは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 小円筋

    小円筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 棘上筋

    棘上筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説




全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でスポーツトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

KindleBookになりました。