小円筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

小円筋

小円筋(teres minor muscle)

小円筋(しょうえんきん)とは棘下筋(きょっかきん)の下、大円筋(だいえんきん)の上に位置する筋肉です。
小円筋は肩関節の外旋の働きに関与するだけでなく、肩関節を安定させる働きもあります。

英語名称

teres minor muscle (テレス・マイナー・マッスル)

小円筋の解説

小円筋(しょうえんきん)はローテーターカフ(ローテーターカフとは棘上筋棘下筋小円筋肩甲下筋など、肩関節の安定性を高めている筋肉群の総称です)の一つです。
小円筋は肩関節を外旋させる際に後方関節包(こうほうかんせつほう)の挟み込まれるの防いだり、手を挙上させる際に関節包の緊張を高めて上腕骨の骨頭を支持するなど肩関節の安定性に大きく貢献している筋肉です。
特に小円筋は棘下筋とともに肩関節後方の動的安定性に関与しています。
小円筋は棘下筋に一部分に被われて肩甲骨後面の外側縁部から起こり、上腕骨大結節の下部に着きます。
小円筋と棘下筋の起始、停止、作用などはほぼ似通っていることからこれら2つの筋肉は同時に働き、とりわけ肩関節の外旋、水平伸展に関与しているといわれています。
したがって、小円筋や棘下筋を強化するにはエクスターナル・ローテーションと呼ばれる筋トレを行うのがとても有効と思われます。
もし、小円筋の筋力が弱化するとローテーターカフの機能障害が起こり、それに伴い肩関節が不安定(ルーズショルダー)になるので腱板損傷、脱臼、投球障害肩など、肩にまつわる傷害が発症しやすくなります。
投球障害肩では小円筋の圧痛(あっつう)、攣縮(れんしゅく)が起こり、肩から背中にかけて背面全体に強い痛みがでるようになります。
小円筋は棘下筋の共同筋なので、もし、棘下筋に損傷が起きた場合には、それを補うように小円筋が発達することがあります。
これを代償性肥大(だいしょうせいひだい)といいます。
小円筋は大円筋と名前は似ていますが、支配神経や作用は全く異なります。

起始

肩甲骨後面の外側縁(がいそくえん)

停止

上腕骨の大結節(だいけっせつ)、肩関節包(かんせつほう)

小円筋の主な働き

kata4
運動動作においては肩関節外旋させる作用があります。

小円筋を支配する神経

腋窩(えきか)神経(C5~C6)

日常生活動作

カーテンを開ける動作、すなわち、腕を外側に振る動作などに関与してます。

スポーツ動作

テニスのバックハンドの動作や、投球動作の終動時に腕にブレーキをかけることに貢献しています。

関連する疾患

肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)、投球障害肩(とうきゅうしょうがいかた)、腱板損傷(けんばんそんしょう)、腋窩神経麻庫(えきかしんけいまひ)

代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

その他の肩部・背部の筋肉

三角筋広背筋大円筋ローテーターカフ(棘上筋棘下筋肩甲下筋)・僧帽筋(僧帽筋上部線維僧帽筋中部線維僧帽筋下部線維)・外内肋間筋前鋸筋肩甲挙筋菱形筋群(大菱形筋小菱形筋)】

関連記事

  1. 三角筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 広背筋

    広背筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 大円筋

    大円筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. ローテーターカフとは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 棘上筋

    棘上筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 棘下筋

    棘下筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説






全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider