• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
大円筋

大円筋(だいえんきん)

midashi英語名称

teres major muscle (テレス・メジャー・マッスル)

midashi大円筋の解説

大円筋(だいえんきん)は小円筋(しょうえんきん)の下に位置し、肩甲骨後面の下角部から起こり、前外方に向かって上腕骨前面の小結節稜(しょうけっせつりょう)に着きます。
大円筋は広背筋(こうはいきん)などともに脇の下の後腋窩(こうえきか)ヒダを形成します。

このように大円筋の停止部は広背筋と近いところにあるので似た作用を持ちます。
小円筋も大円筋と隣接している筋肉ではあるのですが、それぞれ付着部が異なるので運動動作はまったく反対の働きをします。

大円筋と広背筋の走行

大円筋と広背筋の走行

大円筋は運動動作においては広背筋と伴に肩関節の内転、内旋、伸展動作に関与しています。
この筋肉は広背筋と共同し働くことが多い筋肉なので”広背筋の小さなヘルパー”と呼ばれることがあります。

大円筋は菱形筋群(りょうけいきんぐん)によって肩甲骨がしっかりと固定されているか、あるいは下方回旋しているときのみ効果的に働きます。
大円筋を鍛える種目は広背筋を鍛える種目と酷似していて、ダンベルやバーベルを用いたローイングやプル・オーバー、ラット・プルダウン、懸垂やロープ・クライミング、それに肩関節の内旋動作をすることで大円筋が鍛えられます。
また、肩関節を90°外転位、更に外旋させることでストレッチすることができます。
肩関節周囲炎になってしまうと大円筋に強い圧痛、攣縮(れんしゅく)反応が出てしまい、可動域の制限の原因になる場合があります。

midashi起始

肩甲骨の外側縁(がいそくえん)・下角(かかく)

midashi停止

上腕骨の小結節稜(しょうけっせつりょう)

midashi大円筋の主な働き

kata2 kata1 kata4
運動動作においては肩関節内転伸展内旋といった動作に関与します。

midashi大円筋を支配する神経

肩甲下神経(C6~C7)

midashi日常生活動作

主に物を引き寄せる動作などに関与し、広背筋の補助筋として働きます。

midashiスポーツ動作

広背筋とともに水泳のストローク動作やボートのオールを漕ぐような動きに貢献します。

midashi関連する疾患

肩関節周囲炎、投球障害肩(とうきゅうしょうがいかた)、肩甲下神経麻痺(けんこうかかしんけいまひ)など

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

その他の肩部・背部の筋肉

三角筋広背筋ローテーターカフ(小円筋棘上筋棘下筋肩甲下筋)・僧帽筋(僧帽筋上部線維僧帽筋中部線維僧帽筋下部線維)・外内肋間筋前鋸筋肩甲挙筋菱形筋群(大菱形筋小菱形筋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る