深層外旋六筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

深層外旋六筋(six deep extertnal rotators)

深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん)とは下双子筋上双子筋内閉鎖筋外閉鎖筋大腿方形筋梨状筋の総称です。
深層外旋六筋は臀部の深層部にあり、股関節の外旋動作に関与する6つの筋肉なのでそう名付けられました。

英語名称

six deep extertnal rotators (シックス・デープ・エキスターナル・ローターズ・マッスル)

深層外旋六筋の解説

深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん)とは大臀筋の更に深層部にある筋肉で、大腿方形筋(だいたいほうけいきん)、梨状筋(りじょうきん)、内閉鎖筋(ないへいさきん)、外閉鎖筋(がいへいさきん)、上双子筋(じょうそうしきん)、下双子筋(かそうしきん)の6つの筋肉群の総称です。
深層外旋六筋は主に股関節を外旋させることに大きく関わりがある筋肉群なのでしばしばそう呼ばれることがあります。深層外旋六筋は肩関節でいうところの回旋筋腱板(ローテーターカフ)と同じように、腸骨大腿靭帯などと協力して骨頭を安定させる働きを持つ筋肉でもあります。
深層外旋六筋はすでに内旋位にある股関節を強く外旋させるときに使われます。
ピッチャーがボールを投げる、バッターがバットを振るなどの動作を行う際に起こる股関節の外旋動作がその代表例です。
各筋肉の詳細につきましては下記からご確認ください。

  1. 梨状筋
  2. 上双子筋
  3. 下双子筋
  4. 内閉鎖筋
  5. 外閉鎖筋
  6. 大腿方形筋

深層外旋六筋の主な働き

kokan3
運動動作においては股関節外旋に関与します。

日常生活動作

歩行時に方向を転換したり、立位など股関節を安定させる全ての日常生活動作に関与します。

スポーツ動作

体の向きを変える際の軸足の動きに大きく貢献します。

関連する疾患

梨状筋症候群、変形性股関節症、大腿骨頸部骨折など

代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

その他の臀部の筋肉
大臀筋中臀筋小臀筋梨状筋内閉鎖筋外閉鎖筋上双子筋下双子筋大腿方形筋

関連記事

  1. 大臀筋

    大臀筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 中臀筋

    中臀筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 小殿筋

    小臀筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. 梨状筋

    梨状筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 内閉鎖筋

    内閉鎖筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 外閉鎖筋

    外閉鎖筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説






全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider