• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
内側広筋

内側広筋
vastus medialis muscle

内側広筋(ないそくこうきん)とは大腿部前面の内側にある筋肉です。
同じ広筋群の外側広筋や中間広筋と同様に、膝関節の伸展動作に関与します。
また、膝関節の伸展時につま先を外側に捻るという動作ではその貢献度が更に高くなります。

midashi英語名称

vastus medialis muscle (ヴァスタス・ミディアリス・マッスル)

midashi内側広筋の解説

内側広筋(ないそくこうきん)は大腿前面の表層部で大腿部の内側にある広筋群の一つです。

広筋群(こうきんぐん)とは大腿四頭筋(だいたいしとうきん)のうち大腿直筋(だいたいちょっきん)を除く、中間広筋(ちゅうかんこうきん)、内側広筋(ないそくこうきん)、外側広筋(がいそくこうきん)を指したものです。

内側広筋は大腿骨粗線(だいたいこっそせん)、内側唇から起始し、膝蓋骨の下部にある膝蓋腱(しつがいけん)を経由して脛骨の脛骨粗面(けいこつそめん)に付着します。
内側広筋の役割は他の広筋群と同様に主に膝関節の伸展ですが、膝蓋骨(パテラ)の安定性にも大きく貢献しています。
特にX脚などで膝が内側に入り込んでしまっている方は内側広筋が外側広筋と比較すると弱い傾向にあります。
外側広筋が強いことで膝蓋骨が外側に”ずれる”ようになり、膝蓋大腿骨不安定や、膝蓋軟骨軟化症、膝蓋骨脱臼の恐れがでてきます。
内側広筋を鍛えるにはレッグエクステンションなどが効果的ですが、特に膝関節伸展位最大の10~20%の間で足のつま先を外側に捻るような動作を加えることでより効果的に内側広筋を鍛えることができます。
内側広筋をストレッチするには膝関節を最大屈曲させると良いのですが、内側広筋への刺激を高めるには股関節をやや内旋させた状態で臀部に踵を付けるようにストレッチをするとより効果的に引き伸ばすことができます。
そのときにもし膝の内側に傷みが伴うようであれば膝関節の”内側側副靭帯”の損傷などを疑う必要があります。
内側広筋も他の広筋群とともに歩行やランニングなどの全てのスポーツ動作や、多くの日常動作に大きく貢献します。

midashi起始

大腿骨の転子間線から伸びる大腿骨粗線(だいたいこつそせん)の内側唇(ないそくしん)

midashi停止

  1. 膝蓋骨(しつがいこつ)の上縁及び内側縁
  2. 膝蓋腱を介して脛骨の脛骨粗面(けいこつそめん)に付着

midashi内側広筋の主な働き

hiza
主に膝関節伸展に関与しています。

midashi内側広筋を支配する神経

大腿神経(L2~L4)

midashi日常生活動作

歩く動作や走る動作、立ち上がる動作をはじめ多くの日常生活動作に関与します。

midashiスポーツ動作

ランニングやダッシュ、ジャンプ動作などあらゆるスポーツ動作に大きく貢献します。

midashi関連する疾患

大腿四頭筋拘縮症(だいたいしとうきんこうしゅくしょう)、膝蓋大腿骨不安定症(しつがいだいたいこつふあんていしょう)、膝蓋軟骨軟化症(しつがいなんこつなんかしょう)、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)、膝関節拘縮(しつかんせつこうしゅく)

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

その他の大腿部の筋肉

大腿四頭筋(中間広筋外側広筋大腿直筋)・ハムストリング(半膜様筋半腱様筋大腿二頭筋)・内転筋群(恥骨筋大内転筋長内転筋短内転筋薄筋)・大腿筋膜張筋縫工筋膝窩筋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識




運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約18年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

ピックアップ記事

  1. オーバートレーニング

    オーバートレーニング症候群はスポーツ選手だけのもの?

    『オーバートレーニング症候群(以下、オーバートレーニング)』とは適切な運動強度、量、頻度を超えた状態…
  2. 伸張反射,居眠り

    伸張反射とは?筋紡錘は筋肉と神経をつなぐセンサー

    何かしらの原因で筋肉が急激に引き伸ばされてしまうと、筋肉を構成している筋線維や筋肉の表面を覆っている…
  3. 太ももの筋肉が大事!膝をまもるためにも大腿部前面を鍛えよう!

    二足歩行は人間の動作の中では最も基本的な動作です。 しかし、二足歩行ができる動物は人間の他には存在…
  4. あなたの筋肉量は足りてますか?(サルコぺニアとは)

    『サルコペニア』とは加齢になればなるほど全身の筋肉量や筋力が減ってしまう現象のことをいいます。 サ…
  5. 筋肉が肥大するメカニズム

    人間の身体には、ストレスが加わると、そのストレスに耐えられるように適応する能力が備わっています。 …
  6. 骨格筋の筋線維のタイプ

    私たち人間を初め、あらゆる生物が持つ筋組織は、筋線維(きんせんい)という非常に細い線維によって構成さ…
  7. 骨格筋の様々な収縮様式

    身体を構成する重要な組織である骨格筋(筋肉)は、その力強い動きを発揮する為に『筋収縮』という活動を行…
  8. 骨格筋の構造と筋収縮のしくみ

    [wc_row] [wc_column size="one-third" position="…
  9. 筋肉の種類や分類法

    筋肉はすべての活動の源となる組織で、筋線維(筋細胞)と呼ばれる細胞の束が多数集まって構成されています…
  10. 頚部の働きと役割(左回旋・右回旋)

    頚部の左回旋・右回旋とは 上半身に対し頭部を左右に捻る動作(水平面において)を回旋と呼びます。 …
ページ上部へ戻る