縫工筋(ほうこうきん)

midashi英語名称

sartorius muscle (サートリァス・マッスル)

midashi縫工筋の解説

縫工筋(ほうこうきん)は大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を横断するように走行にある帯状の長い筋肉です。
縫工筋は骨盤の上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)から起始し、斜めに下内方に向かって脛骨内側面の上端(鵞足)に停止する筋肉で身体の中で最も長い筋肉です。

二関節筋である縫工筋は、主に股関節の屈曲と膝関節の屈曲に関与しますが、この2つの動きが同時に生じる場合は、縫工筋の働きは弱くなります。その他にも股関節の外旋外転、下腿の内旋などといった動作にも関わってきます。

膝関節の屈曲が伴わない場合は起始である上前腸骨棘が下方ヘ引っ張られるので骨盤が前傾します。
つまり、縫工筋の柔軟性が失われると骨盤が前傾するようになるので結果的に腰椎の前弯が強くなります。
このように過度な腰椎前弯を防ぐためにも腹直筋を強化しておく必要があります。
また、縫工筋の弱化はニーイン・トゥーアウトの原因にもなるので、そのまま鵞足炎へとつながってしまうこともあります。
縫工筋を強化するためには基本的には腸腰筋を鍛えるエクササイズを行えば良いと思います。

midashi起始

上前腸骨棘

midashi停止

脛骨粗面の内側縁(鵞足)

midashi縫工筋の主な働き

kokan1 hiza kokan3 kokan2
股関節の屈曲、ならびに膝関節の屈曲といった動きに関与します。
その他にも股関節の外旋外転、下腿の内旋などといった動作にも関わってきます。

midashi縫工筋を支配する神経

大腿神経(L2~L3)

midashi日常生活動作

イスに座って足を組んだり、あぐらをかく時などに主に関与します。

midashiスポーツ動作

平泳ぎのキックなど股を閉じる全てのスポーツ動作に大きく貢献します。

midashi関連する疾患

鵞足炎、上前腸骨棘裂離骨折、平泳ぎ膝など

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

joint

関節の役割と働き

joint

筋力チェック

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る