下後鋸筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

下後鋸筋(serratus posterior inferior muscles)

下後鋸筋(かこうきょきん)とは胸郭後面の下部にある扁平な筋で広背筋(こうはいきん)の深層部にある筋肉です。

英語名称

serratus posterior inferior muscles (セレタス・ポスティアリア・インフィアリア・マッスル)

下後鋸筋の解説

下後鋸筋(かこうきょきん)は胸郭後面の下部にある扁平な筋で、広背筋(こうはいきん)の深層部にある筋肉です。
下後鋸筋は第12胸椎~第3腰椎の棘突起と近くの胸腰筋膜から起始し、第9~12肋骨の外側部の下縁に停止します。
下後鋸筋は主に第9~12肋骨を下制して息を吐くときに下部の肋骨(下位肋骨には横隔膜が内側に張り付いています)を引き下げ、胸郭を狭めることで呼吸を補助します。

起始

第12胸椎~第3腰椎の棘突起と近くの胸腰筋膜

停止

第9~12肋骨の外側部の下縁

下後鋸筋を支配する神経

肋間神経(T9~T12)

日常生活動作

息を吐くときに胸郭を狭め、呼気を補助する

スポーツ動作

あらゆるスポーツ動作に関与し、呼気を補助することで呼吸を助けます。

その他の腹部・腰部の筋肉
腹直筋腹斜筋群(外腹斜筋内腹斜筋)・腸腰筋(腸骨筋大腰筋小腰筋)・腹横筋腰方形筋脊柱起立筋(胸腸肋筋腰腸肋筋胸最長筋胸棘筋多裂筋)・横隔膜骨盤底筋群

関連記事

  1. 腹直筋

    腹直筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 腹斜筋群

    腹斜筋群とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 外腹斜筋

    外腹斜筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. 内腹斜筋

    内腹斜筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 腸腰筋

    腸腰筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 腸骨筋

    腸骨筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説





全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider