腰方形筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

腰方形筋

腰方形筋(quadratus lumborum muscle)

腰方形筋(ようほうけいきん)とは腰椎の両側にある長方形の深層筋で、大部分が脊柱起立筋に覆われています。
腰方形筋は主に体幹を側屈させたり、後ろに反らす働きがある。また第12肋骨を下制する作用もあります。

英語名称

quadratus lumborum muscle (クワドラタス・ランボーラム・マッスル)

腰方形筋の解説

腰方形筋(ようほうけいきん)は腹筋群の一つで腰椎の両側にある長方形の深層筋で腹腔後壁を形作る筋肉です。
腰方形筋は腸骨稜、腸腰靭帯から起始し、第12肋骨、L1~L4の椎体の肋骨突起に停止します。
腰方形筋は主に体幹部の側屈に大きく貢献します。
この筋肉の働きが弱くなると側腹部の安定性が保てなくなり姿勢保持にも大きく影響をきたすようになります。
つまり、腰方形筋の片側だけが筋力が強かったり、弱かったりすると骨盤の高さに左右差が生じることもあります。
この筋肉を鍛えるには抵抗に逆らって体幹を側屈させるエクササイズを行うことで強化することが可能です。
また、体幹部を左側に側屈させると右側の腰方形筋が、右側に側屈させると左側の腰方形筋がストレッチされます。

起始

腸骨稜(ちょうこつりょう)の内唇

停止

第12肋骨、L1~L4(または3)の肋骨突起

腰方形筋の主な働き

taikan3 taikan1
体幹を側屈させたり伸展させる作用があります。

腰方形筋を支配する神経

腰神経(T12、L1~L3)

日常生活動作

片手で重たい荷物を持つなどの動作に関与します。

スポーツ動作

スイング動作の伴うスポーツで大きく貢献します。

関連する疾患

第11・12肋骨骨折、筋筋膜性腰痛、脳卒中後片麻痺

代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

その他の腹部・腰部の筋肉
腹直筋腹斜筋群(外腹斜筋内腹斜筋)・腸腰筋(腸骨筋大腰筋小腰筋)・腹横筋脊柱起立筋(胸腸肋筋腰腸肋筋胸最長筋胸棘筋多裂筋)・横隔膜下後鋸筋骨盤底筋群

関連記事

  1. 腹直筋

    腹直筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 腹斜筋群

    腹斜筋群とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 外腹斜筋

    外腹斜筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. 内腹斜筋

    内腹斜筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 腸腰筋

    腸腰筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 腸骨筋

    腸骨筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説





全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider