前斜角筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

前斜角筋

前斜角筋(scalenus anterior muscle)

前斜角筋(ぜんしゃかくきん)とは中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)と共に肋骨を引き上げ、息を吸うときに使われる筋肉です。
前斜角筋は頚椎(けいつい)を屈曲したり側屈する働きがあります。

英語名称

scalenus anterior muscle (スカリナス・アンティアリア・マッスル)

前斜角筋の解説

前斜角筋は頸椎の前面にある筋肉で呼吸筋の一つです。
頸椎前面から第一肋骨に停止するため、吸息する際、第一肋骨を引き上げ、息を吸う際に作用します。
また、運動動作においては頸椎の屈曲と側屈させる作用を持ちます。
何らかの影響で、前斜角筋と中斜角筋に緊張が生ずるとその間を走行している腕神経を圧迫してしまい、腕や手に痺れを生ずることがあります。
これを斜角筋症候群と呼びます。

起始

C3(または4)~C6(または7)の頸椎横突起の前結節

停止

第一肋骨の前斜角筋結節(リスフラン結節)

前斜角筋の主な働き

 
頚椎の屈曲と側屈させる作用を持ちますが、その他に第一肋骨を引き上げる働きを持っています。
第一肋骨が挙上することで胸式呼吸をスムーズに行うことができます。

前斜角筋を支配する神経

頚神経叢及び腕神経叢(C5または4~C7)

日常生活動作

主に首を前や横に曲げるときに作用します。
また、胸郭を広げる作用を持つので吸息動作の補助をします。

スポーツ動作

激しい運動を行うときなど呼吸動作を補助します。

関連する疾患

斜角筋症候群、エルブ麻痺(上位型腕神経叢麻痺)、クルムプケ麻痺(下位型腕神経叢麻痺)、第1肋骨疲労骨折など

その他の頭部・頚部の筋肉

表情筋舌骨下筋群・​ 側頭筋・​咬筋・​内側翼突筋外側翼突筋椎前筋群後頭下筋群胸鎖乳突筋斜角筋群(中斜角筋後斜角筋)・頭板状筋頸板状筋

関連記事

  1. 表情筋

    表情筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 舌骨下筋群

    ​舌骨下筋群とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  3. 側頭筋

    側頭筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  4. 咬筋

    ​咬筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  5. 内側翼突筋

    ​内側翼突筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  6. 外側翼突筋

    ​外側翼突筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説





全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider