大胸筋の作用と役割|起始停止・神経支配・筋トレメニューなどを徹底解剖

大胸筋の作用と役割|起始停止・神経支配・筋トレメニューなどを徹底解剖

大胸筋大胸筋(だいきょうきん)は主に胸板を形成する上半身の中で最も強大な筋肉です。
大胸筋はスポーツ動作においては野球のボールを投げる、打つといった動作をはじめ、様々なスポーツ動作に関与します。
日常生活では物を抱きかかえる動作やうつ伏せの状態から身体を起こしあげる動作に関与します。
大胸筋は胸板を形成する筋の表層部にあり、バストの形にも大きく影響を及ぼします。
そのためこの筋肉を鍛えることは男女ともにとても人気があるようです。
しかし、あまりに大胸筋が発達しすぎたり、大胸筋の柔軟性がなくなってしまうと肩関節が前方に引っ張られ、いわゆる巻き肩(肩関節内旋になってしまい、かえって姿勢が悪くなってしまうことがあります。
これにより上腕骨の骨頭が大きく前方に引っ張られるため、肩関節の前方脱臼の要因になることがあります。

大胸筋の筋線維の方向性

大胸筋の筋線維の方向性

大胸筋は大きく上部、中部、下部で構成され、どの部分を鍛えるかによっても筋線維の方向性を十分に考慮する必要があります。(大胸筋のどの部分を使っても何れにせよ三角筋の前部は共同筋として一緒に働きます)
例えば大胸筋の上部線維は①のような流れになっているため、ここを鍛えるためにはインクラインベンチと呼ばれる傾斜したベンチを用いて鍛える必要があります。

皆さんが普段行うような腕立て伏せは主に大胸筋は②のような筋線維の流れにそった動きになるので大胸筋中部を鍛えることになります。
この筋肉はこの他、懸垂、投球、テニスのサーブ時にも使われます。
大胸筋を効率よく鍛えるにはバーベル・ベンチプレスが最も有効なエクササイズの1つです。
同様に大胸筋をストレッチする際も筋線維の方向性を考慮する必要があります。
大胸筋全体及び中部線維をストレッチするには②、大胸筋上部をストレッチするには①、大胸筋下部をストレッチするには③の流れにそって筋線維を伸ばす必要があります。

大胸筋の起始停止

起始①鎖骨部(上部):鎖骨部は鎖骨の内側1/2
起始②胸肋部(中部):胸肋部(きょうろくぶ)は胸骨前面、第2~第6肋軟骨(ろくなんこつ)
起始③腹部(下部):腹部は腹直筋鞘(ふくちょくきんしょう)の前葉(ぜんよう)

停止:上腕骨の大結節稜(だいけっせつりょう)

大胸筋の役割と作用

大胸筋大胸筋は運動動作においては主に肩関節水平内転屈曲(初期のみ)内転内旋作などに関与しています。

水平内転

水平内転:肩関節90°外転位で上腕部を前方(水平方向)に移動させる動きを水平屈曲または水平内転といいます。

kata1

屈曲:前方に上腕部を挙上する動作を屈曲といいます。
90°を越え更に180°まで屈曲させる動きを前方挙上と呼ぶこともあります。

kata2

内転:肩関節外転位で上腕部を体に近づける動き(下垂)を内転いいます。

kata4

内旋:下垂状態にある上腕部を外側から内側に向かって捻ることを内旋といいます。

大胸筋を支配する神経

大胸筋の神経支配

大胸筋を支配する神経は内側及び外側胸筋神経(C5~C8、T1)です。

日常生活動作

大胸筋は日常生活の中では「胸の前で物を抱きかける動作」や「うつ伏せの状態から身体を起こしあげる動作」などに関与します。

スポーツ動作

大胸筋はスポーツ動作において、野球のボールを投げる、打つといった動作をはじめ、体操、ボクシング、空手、アメリカン・フットボールなどの各種競技においてもとても重要な役割を果たしています。

関連する疾患

随意性肩関節脱臼(ずいいせいかたかんせつだっきゅう)、肩関節拘縮(かたかんせつこうしゅく)など

大胸筋の筋力チェック方法

【実施方法】

p71701121-1 (1)(写真1)

①患者さんはベットの上で仰臥位になり患側上肢をベットの側方へ健側上肢の手の平を患側側の胸部に手の平を置きます。
②術者の患側上肢の手首を把握し、もう一方の手は手の平で患者さんの胸部に置いた手の甲を軽く押さえます。このとき、患側上肢はベットより高い位置で保持します。(写真1参照)

p71701121-2 (1)(写真2)

③術者は患側上肢をベットに近づけるよう圧迫を加えます。(写真2参照)

【ワンポイント】
正しく測定するためには患者さんは患側の上肢を最大限に内旋させる必要があります。テスト中、痛みを起こさせないようにする必要があるので手の平を全開させ、術者は患者さんの手首基部近くを接触する必要があります。

【論考】

この検査を左右両方で実施します。
弱いと感じた側の大胸筋が弱化している可能性があります。

【神経リンパ反射】

  • 右乳首の下、第5~6肋骨の間の乳頭線から胸骨の間
  • T5~T6の間、椎弓板(通常は右側)

【臓器・腺】

肝臓

その他の胸部の筋肉

小胸筋鎖骨下筋

関連記事

  1. 小胸筋

    小胸筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

  2. 鎖骨下筋

    鎖骨下筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説





全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

姉妹サイト

トレーニングナビ
http://training-navi.net/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
骨と関節のしくみ
http://balance-conditioning.net/
パーソナルトレーナーになるには
https://traininginstructor.net

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBookになりました。

previous arrow
next arrow
Slider