長腓骨筋(ちょうひこつきん)

midashi英語名称

peroneus longus muscle (ペロネァス・ロンガス・マッスル)

midashi解説

長腓骨筋(ちょうひこつきん)は短腓骨筋(たんひこつきん)、第三腓骨筋(だいさんひこつきん)と共に下腿の側面にある筋肉で主に足関節を外反させる作用を持ちます。(小指側を持ち上げる)
また、長腓骨筋(ちょうひこつきん)は足関節底屈の補助筋としても機能しています。
長腓骨筋は腓骨頭、腓骨外側縁上方2/3、前・後下腿筋間中隔、脛骨外側顆から起始し、外顆の後方を通り、第一楔状骨足底面、第一中足骨底部に停止しているため、内側縦足弓(ないそくじゅうそくきゅう)、即ち、足裏の縦アーチ形成にも大きく貢献しています。
このように長腓骨筋は足底の筋群と共に十分に発達していないと足裏のアーチが崩れ、足関節が内反しやすくなってしまいます。
過去に足関節の内反捻挫を何度も繰り返している方は足関節外側側副靭帯(前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯)を損傷したり、また機能不全を起こしていることが考えられるので足首の内反捻挫を予防する上でも長腓骨筋は必ず鍛えなければならない部位だと言えます。
歩いたり走ったりする際、足先がまっすぐ正面を向いていない方は長腓骨筋の弱化が疑われます。
長腓骨筋を鍛えるには裸足や靴下のまま、足の内縁(母趾側)に体重をかけて歩くようにするだけでもこの筋肉の強化になりますが、効率良く鍛えるためには足関節を内反させた状態から外反させる時に抵抗をかける(他動的に)ことで鍛えることができます。

midashi起始

腓骨頭、腓骨外側縁上方2/3、前・後下腿筋間中隔、脛骨外側顆

midashi停止

第一楔状骨足底面、第一中足骨底部

midashi主な働き

sokansetu ashikubi1
短腓骨筋と共に足関節外反底屈させる作用を持っています。

midashi神経支配

浅腓骨神経(L4~S1)

midashi日常生活動作

歩く走るといった日常動作に主に関与しますが、特に路上が不安定になっている場所ではこの筋肉の貢献度は更に高くなります。

midashiスポーツ動作

陸上のほとんどのスポーツ動作では特に重要な役割を果たしています。

midashi関連する疾患

腓骨筋腱脱臼、腓骨筋腱損傷、腓骨筋腱鞘炎、踵骨骨折、第5中足骨粗面裂離骨折、内反捻挫など

関連記事

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
2016年4月に独立し、現在はリアルビジネス、ネットビジネスなど、多方面に渡り活動しています。
ページ上部へ戻る