内腹斜筋(ないふくしゃきん)

内腹斜筋(ないふくしゃきん)

midashi英語名称

abdominal internal oblique muscle (アブドミナル・インターナル・オブリーグ・マッスル)

midashi解説

内腹斜筋(ないふくしゃきん)は側腹部の深層部にある筋肉で外腹斜筋に覆われています。
内腹斜筋は胸腰筋膜深葉、上前腸骨棘、鼡径靭帯、腸骨稜の中間線から起始し、第10~第12肋骨の下縁(上部)、腹直筋鞘(中部)、精巣挙筋(下部)に停止します。
運動動作においては主に体幹部の回旋動作、屈曲側屈に関与します。
内腹斜筋は左右両側の筋肉が同時に作用した場合は腹直筋と共に体幹部の屈曲動作に関与します。
左右どちらか一方のみ働いた場合は体幹部の側屈、回旋動作に大きく貢献します。
例えば、両手を頭の後ろで組んで、腹筋運動をするとき、左肘が右膝にタッチするように腰を右に回旋させ、捻りながらこのエクササイズを行えば、右の内腹斜筋が非常に強く収縮されます。
逆に、腰を左に回旋させながら行えば、左の内腹斜筋をより鍛えることができます。
また、内腹斜筋は他の腹部の筋群とともに腹圧や排便を助けたり、内臓の位置の安定にも関わるとても重要な役割を果たしている筋肉です。

midashi起始

①胸腰筋膜深葉、上前腸骨棘
②鼡径靭帯
③腸骨稜の中間線

midashi停止

①第10~第12肋骨の下縁(上部)
②腹直筋鞘(中部)
③精巣挙筋(下部)

midashi主な働き

taikan2 taikan1 taikan3
運動動作においては主に体幹部の回旋動作、屈曲(前屈)側屈に関与します。

midashi神経支配

肋間神経(T5~T12)、腸骨下腹神経(T12~L1)、腸骨鼡頚神経(L1~L2)

midashi日常生活動作

外腹斜筋とともに姿勢保持や身体を側屈、回旋させる作用を持ちます。また、胸郭を引き下げる作用もあるので息を吐く動作に関与します。

midashiスポーツ動作

身体を捻るすべてのスポーツ動作に大きく貢献します。

midashi関連する疾患

脊髄損傷、頸髄症性不全四肢麻痺、慢性腰痛など

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

関連記事

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
2016年4月に独立し、現在はリアルビジネス、ネットビジネスなど、多方面に渡り活動しています。
ページ上部へ戻る