91E59

上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)

midashi英語名称

triceps brachii muscle (トライセップス・ブレイキー・マッスル)

midashi解説

上腕三頭筋は上腕筋群の中で最も体積が大きい筋肉で長頭、外側頭、内側頭の三頭で構成されています。
主に腕立て伏せや何かを押すといった動作で肘筋と共に肘関節の伸展動作に大きく貢献します。

上腕三頭筋の構造

上腕三頭筋の構造

三頭のうち長頭だけが肩甲骨に付着するため、肘関節の伸展動作に加え、肩関節の伸展動作にも関与します。
内側頭は肘関節伸展に伴う後方関節包の挟み込みを防止するという役割も担っています。
上腕三頭筋のうちどの部分に刺激を与えるかによっても肩関節の角度を考慮しなければなりません。

肘関節外傷後に生じる屈曲の制限は洗顔や摂食動作など肘を曲げる動作を制限し、日常生活を営む上で大きな問題になります。
このようなケースでは特に内側頭の圧痛や攣縮が存在することが多いようです。
また上腕三頭筋は大胸筋などをトレーニングする際に補助的に働くのでオーバーワークに陥りやすい場所だといわれています。

midashi起始

  1. 上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)長頭
    肩甲骨関節下結節
  2. 上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)外側頭
    上腕骨近位部後面
  3. 上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)内側頭
    上腕骨遠位部後面

※上記の画像からは確認できません。

midashi停止

尺骨肘頭

midashi主な動き

hiji1 kata1 kata2
主に肘関節の伸展させる作用を持ち、その他に肩関節の伸展内転などの動作にも関与しています。

midashi神経支配

長頭:腋窩神経
内側頭及び外側頭:橈骨神経(C6~C8)

midashi日常生活動作

主にすべての押す動作に関与します。

midashiスポーツ動作

砲丸投げやアメフトなどの押す動作に大きく貢献します。

midashi関連する疾患

投球障害肩、外傷後肘関節拘縮、肘関節後方インピンジメント、異所性骨化、Bennet骨棘、橈骨神経麻痺

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

関連記事

筋肉の基礎知識

全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の
佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。
ページ上部へ戻る