大内転筋(だいないてんきん)

75327537373

大内転筋(だいないてんきん)

midashi英語名称

adductor magnus muscle (アダクター・マグナス・マッスル)

midashi解説

大腿の内側には大内転筋、長内転筋短内転筋薄筋恥骨筋などがありますが、それらをまとめて内転筋群と呼びます。
大内転筋は内転筋群の中でも最も大きく、最も強い力を発揮する筋肉です。
運動動作において大内転筋は股関節を内転及び伸展させる作用があります。

midashi起始

坐骨結節、坐骨恥骨枝

midashi停止

大腿骨粗線内側唇、小転子から内側上顆

midashi主な働き

kokan2 kokan3 kokan1

運動動作においては股関節を内転及び内旋、伸展させる作用があります。

midashi神経支配

閉鎖神経(L2~S1)
坐骨神経(L2~S1)

midashi日常生活動作

股を閉じる動作に主に関与します。
内転筋群の筋力が低下するとO脚になりやすくなります。

midashiスポーツ動作

平泳ぎのキックなど股を閉じる全てのスポーツ動作に大きく貢献します。

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

83q83b83v83a83u83_83n83v83878393814082p
①股関節がマシーンのカム(中心軸)と横並びになるようにしっかりと腰掛けます。

83q83b83v83a83u83_83n83v83878393814082q
②股関節を中心に股関節を内転させていきます。
その後、ゆっくりと開始姿勢に戻します。

dsfdsf-300x225
ストレッチマットの上で背臥位になります。
そのままの姿勢で片手でストレッチする側の足首を保持します。
息を吐きながら脚を高く持ち上げます。

check

 

関連記事

筋肉の基礎知識

全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の
佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。
ページ上部へ戻る