長橈側手根伸筋(ちょうとうそくしゅこんしんきん)

midashi英語名称

extensor carpi radialis longus muscle (イクステンサー・カーパイ・レイディアリス・ロンガス・マッスル)

midashi解説

長橈側手根伸筋(ちょうとうそくしゅこんしんきん)は前腕後面の最も外側にある筋肉で、短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)や尺側手根伸筋(しゃくそくしゅこんしんきん)と同様、手関節の強力な伸筋です。
長橈側手根伸筋は上腕骨外側上顆、外側上腕筋間中隔から起始し、第2中手骨底背面へと停止する、いわゆる二関節筋です。
長橈側手根伸筋は短橈側手根伸筋と共同し、手関節の背屈橈屈及び肘関節において屈曲動作に大きく貢献します。
特に前腕部が回内位にあるときは、手首の伸展力や固定力はこれらの筋肉の強さに依存します。
テニスのパック・ハンドの動きでは長橈側手根伸筋や短橈側手根伸筋に強いストレスがかかるので、しばしばこれが原因でテニス肘になってしまうことがあります。
テニス肘になると肘の内側に痛みを感じるようになるのはこのためです。
この筋肉を発達させるには、前腕を回内させた状態、すなわち手のひらを下に向けた状態でベンチの端に置きます。
手にパーベルやダンベルを握って手首をベンチの端から出し、負荷抵抗に対して手首を最大の可動域で背屈(伸展)、掌屈(屈曲)させます。

midashi起始

上腕骨外側上顆、外側上腕筋間中隔

midashi停止

第2中手骨底背面

midashi主な働き

  hiji1
長橈側手根伸筋は、手関節背屈橈屈動作に加え、肘関節屈曲動作にも関与します。

midashi神経支配

橈骨神経(C6~C7)

midashi日常生活動作

金づちやフライパンを持ち、振る動作に関与しています。

midashiスポーツ動作

剣道で竹刀を振り上げる動作に大きく貢献します。

midashi関連する疾患

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、長橈側手根伸筋腱断裂、短橈側手根伸筋腱断裂、後骨間神経麻痺など

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

関連記事

全身の骨格筋

KindleBookになりました。

筋肉の基礎知識

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
2016年4月に独立し、現在はリアルビジネス、ネットビジネスなど、多方面に渡り活動しています。
ページ上部へ戻る