肩甲挙筋(けんこうきょきん)

91E591DA8El93AA8BD891E591DA

肩甲挙筋(けんこうきょきん)

midashi英語名称

levator scapulae muscle (レヴェーター・スキャプュレイ・マッスル)

midashi解説

肩甲挙筋は後方で僧帽筋、側方で胸鎖乳頭筋に被われ、第1~4頸椎の横突起から起こり、外下方へ肩甲骨上角に着きます。
肩甲挙筋は運動動作においては主に肩甲骨の挙上に関与します。
また、小菱形筋とともに下方回旋にも関与します。(この時下角が内側に回ります)
肩甲挙筋は僧帽筋(上部)とともに肩こりの原因となることが多い筋肉と知られています。

midashi起始

頸椎C1~C4の横突起の後結節

midashi停止

肩甲骨の上角、内側縁上部1/3

midashi主な働き

kenkou1 kenkou1
運動動作においては肩甲帯の挙上下方回旋に関与します。

midashi神経支配

肩甲背神経(C2~C5)

midashi日常生活動作

主に物を持つときなど、肩をすくめ挙げる動作に関与しています。

midashiスポーツ動作

床からバーベルを引き上げる動作などに大きく貢献します。

関連記事

筋肉の基礎知識

全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の
佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。
ページ上部へ戻る