棘上筋(きょくじょうきん)

midashi英語名称

supraspinatus muscle (スープラスパィネィタス・マッスル)

midashi解説

棘上筋は肩関節の安定性を保つ働きを果たしている筋肉群、ローテーターカフ(ローテーターカフとは棘上筋棘下筋小円筋肩甲下筋など、肩関節の安定性を高めている筋肉群の総称です)の一つです。
棘上筋は四つの筋肉の中では機能上、最も重要な筋肉と言われていますが、同時に最も傷害を受けやすい筋肉でもあります。
肩関節の安定性が悪くなってしまうと、棘上筋の腱(棘上筋腱:きょくじょうきんけん)の部分でしばしば炎症を起こしてしまうことがあります。

インピンジメント症候群

インピンジメント症候群

これを俗に『インピンジメント症候群』といいます。
インピンジメント症候群とは主に棘下筋(きょっかきん)、小円筋(しょうえんきん)の筋力低下により上腕骨の位置が上方にずれてしまい、棘上筋腱が肩峰(けんぽう)や烏口肩峰靭帯に挟まれ腱が圧迫されてしまった状態をいいます。

このことにより、棘上筋腱では強いストレスを受けるのでしばしばこの部分で炎症を起こしてしまうことがあるのです。
インピンジメント症候群は初期の頃は手が真横に挙げづらいといった症状程度で済みますが、重症化すると何をしていても痛く、仰向けや、横向きの姿勢(痛い側の肩を下にして)で寝ることすらできなくなることもあります。
このようにインピンジメント症候群は筋力低下で発症することが多いのですが、転んで手をついた衝撃で症状を併発してしまうこともあります。
インピンジメント症候群の典型的な症状としては手を真横に挙げたり、結帯(手を腰の後ろにまわす)、結髪(手を後頭部にもっていく)といった動作をしようとすると肩先あたりに激痛が走るようになります。
棘上筋腱はしばしば完全に断裂してしまうことがありますが、その場合は機能の再獲得のために手術をしなければなりません。
各種スポーツ傷害肩(投球動作、水泳など)の大きな原因にもなるので、このようなことを避けるためにも日頃からローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の総称)を十分に鍛えておくことが大切になります。
なかでもエンプティカン・エクササイズという運動は棘上筋を筋肉を鍛えるのに有効だといわれています。(缶ジュースの中身を捨てるような動作をすることからこの名称が付けられました)
棘上筋は運動動作においては三角筋(中部)とともに肩関節の外転動作に関与しますが、棘上筋は骨頭中心からの距離が非常に短いため外転としての作用は三角筋ほど強くはありません。
むしろ棘上筋は肩関節を外転させるときに上腕骨の骨頭を肩甲骨の関節窩に引きつけておくという『支点形成力』の発揮に大きく貢献しています。

midashi起始

肩甲骨棘上窩、棘上筋膜

midashi停止

上腕骨大結節上部、肩関節包

midashi主な働き

kata2
運動動作においては肩関節の外転させる作用があります。

midashi神経支配

肩甲上神経(C5~C6)

midashi日常生活動作

三角筋と協力して物を横方向に持ち上げるときに作用します。

midashiスポーツ動作

投球動作などで腕を振りぬく際のブレーキ動作などに貢献します。

midashi関連する疾患

腱板損傷、腱板炎、肩峰下インピンジメント症候群、肩関節不安定症、肩甲上神経麻庫など

midashi代表的なウエイトトレーニングとストレッチ

check

関連記事

筋肉の基礎知識

全身の骨格筋

筋肉の基礎知識

joint

筋力チェック

joint

関節の役割と働き

joint

筋肉単語帳

tango

運営者情報

当サイトの編集長の
佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。
ページ上部へ戻る